2013年 09月 03日 ( 1 )

FUJIFILM Xフォトグラファーズ

f0050534_7475126.jpg




昨日、富士フイルムさんの本社でXフォトグラファーズのセミナーがありました。Xフォトグラファーズのwebサイト1周年を記念してのイベントです。海外から4人のXフォトグラファーの写真家の方がお見えになりました。

f0050534_7495112.jpg










f0050534_750217.jpg





f0050534_831910.jpg


















f0050534_7501387.jpg













f0050534_7502296.jpg




昨日お越しいただいた4人のフォトグラファーで一番関心があったのはUKから来たkevin Mullins氏の作品。UKで売れっこのブライダルフォトグラファーです。オーストラリアもそうですがブライダルフォトというのが写真のジャンルの中で確立されていて、ブライダルフォトという雑誌があるぐらいです。彼の撮影のコンセプト、そして集中力に感服です。昨日のほかの3人もそうですが、全員とてもプレゼンテーションがじぉゆずであるということです。写真はメディアです、相手に伝えるということができなくては意味がないです。その第1歩として自分の意思を伝えることが大事です。日本の先生と呼ばれるフォトグラファーがどれぐらい海外でプレゼンテーションができるのでしょゆか?とても昨日は考えさせられました。そして4人とも明確な撮影コンセプトを持っています。コンセプトワーク&それをつたえるプレゼンテクニックこの2つが世界で活躍する写真家の一番大事な武器です。カメラやレンズやレタッチ技術世襟も大事だと思います。昨日帰り道ある日本人写真家が「海外で外人が撮ったからかっこよく見えるだけだよ」と言っていましたが、その発想ではだめだと思います。では日本を撮影するのにどれだけ、日本のアート、特に仏教美術や禅の文化、琳派や狩野派の知識があるのでしょうか?やはり文句を言う前に撮って見せるのが一番です。ちなみに昨日の4人とも、見るからに肉食系狩猟民族型男子でした。写真家はやはり肉食系に限ります




相原正明 写真展一口スポンサード募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください

9月14日 仙台スライドトークショウ

少女マンモス・ユカ展の詳しいことはこちらをご覧ください



ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです





Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください


富士フイルムさんのXシリーズで撮影した作品を集めた、X Photograpaher,sに僕の作品が更に追加となり、X-Pro1冬編X-Pro1春&夏編
by masabike | 2013-09-03 08:01 | 写真アート | Comments(0)