2012年 06月 27日 ( 3 )

しずくの時間 四万十川


f0050534_7432043.jpg


Nikon D800E Nikkor14~24mm  ISO800

小雨降る四万十川、日本の梅雨が四国に浸透している。まさに日本ならではの風景。この夜明け前のフィルムで撮れない時間の空気感を再現するためにD800Eを投入しました。


ニコンレンズキャンペーン相原正明と行くオーストラリア撮影ツアー


日本の風景応援クリックお願いいたします



今度の週末は福島・会津若松でXシリーズセミナーです。皆様のお越しをお待ちしております。


X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-27 07:48 | 日本風景 | Comments(0)

能取湖 夏空

f0050534_7361211.jpg


FUJIFILM X-Pro1 18mm

能取湖は、5月とはいえ夏のような天気。北海道は冬から春を軽くステップし一気に夏に来てしまった感がある

X-Pro1のモノクロ、特にRフィルターモードがX100に比べてよりコントラストがしっかりした気がします。でも現在販売のデジタルカメラの中でモノクロの表現力はPro-1が一番だと感じます。カラー以上にモノクロのほうが、グラデーションの再現、柔らかさの再現が難しいので、フィルムメーカーの富士フイルムさんならではの得意技だと思います。ライカのモノクロ専用機と比較してみたいです。

Pro-1応援クリックお願いいたします



今度の週末は福島・会津若松でXシリーズセミナーです。皆様のお越しをお待ちしております。


X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-27 07:40 | 日本風景 | Comments(0)

映画とポップコーン

f0050534_727573.jpg


 映画を見るときの必需品といえばポップコーンです。なぜか映画を見るときこれがほしくなります。

きのは久しぶりに映画館で映画を見ました。1年ぶりぐらいかな?友人から夫婦割引で一人1000円で見れるといわれ向かったのが、東武練馬駅前のマイカルシネマ板橋。そして見たのはもちろんテルマエロマエ。映画館でチケットを買った次に買ったのがポップコーン。映画鑑賞=ポップコーン、この図式は日本だけではなく海外でも同じみたいで、以前オーストラリアと香港の映画館に行ったときもやはりポップコーン売っていました。もちろん買いました。ちなみに海外で見た映画はオーストラリアではバットマンとベイブです。ベイブはシドニーのジョージストリートの映画館で見たのですが、友人から忠告を受けていたのですが、やはり号泣してしまい、隣のおばあちゃんからハンカチをいただいてしまいました(汗) 香港ではもちろんカンフー映画です。香港の下町の映画館でブルースリーの“燃えよドラゴン”とジャッキーチェンの“酔拳”の二本立てでした。

香港の映画館はとてもユニークで1988年当時 たしか超等 高等 硬等と3段階に、つまり1等2等3等と分かれていました。超等でもたしか700円ぐらいでしたので、超等にするとアイスクリームがついてチャイナドレスのきれいなお姉さんが座席まで案内してくれて、映画の間ずっと付き添ってくれます(本当は座席に案内してくれておしまいです。隣には座ってくれません)そして座席もふかふかでした。 それでも僕はアイスクリームプラスポップコーンかいましたが!

映画は確か広東語ですが、英語と北京語?の漢字の字幕が出るのでなんとなく会話は理解できました。やはり本場香港で本場のカンフー映画見るのは夢であり楽しみでした。映画も面白かったですが、映画を見ている香港のお客さんののりが凄かったです!!映画より面白かったです。特に決闘シーンなるとこぶしを振り上げたり「うぉ~~」と叫ぶ人もいました。人によっては床を踏み鳴らす人もいて面白かったです。止めを刺すところでは、どうも「殺せ~~!!」などとゆうような言いっている人もいました。あっといまの3時間の香港映画体験でした。また香港に香港映画見に行きたいです。


話は大きくそれましたが、昨日はポップコーン食べるのも忘れるぐらい“テルマエロマエ”面白かったです。抱腹絶倒、笑い続けていましたが少しほろりとするシーンもあり。超お値打ち映画でした。このようなストーリの発想は日本人ならではだと思います。最近接骨院でマッサージ治療中読んでいる漫画“セイントおにいさん”もそうですが、日本人は宗教観や国境というものにあまりとらわれないせいか、ユニークなもの得意だと感じます。もちろんアニメも世界トップクラスだと思いますが・・・ただ実写のSFX物はいただけないのが多いです。特に僕は昔見た“さよならジュピター”があまりにもひどく映画を見終わったとき思わず「金返せ!」といいたくなった人生ワーストの映画でした。小松左京氏のすばらしいストーリーがどうしてこうなるのか?特にライティング、美術が抜きん出てひどかったです。当時ジョージルーカスが使っていたモーションコントロールという撮影テクノロジー?を導入、またスターウォーズと同じミニュチュアの制作会社で模型も制作しましたと東宝映画さんの宣伝部が豪語していましたが、それでこの出来?というぐらいひどかったです。それいらい日本映画のSFX実写物は見るの止めました。

話は戻りますが、テルマエロマエかなり面白く夢中で見ました。久しぶりのあっという間の2時間の映画でした。ビックリしたのが映画のロケの舞台になったのが、近くの滝野川稲荷湯。湯ぶねの富士山の絵が映えていました。あと主演の阿部寛さんと上戸 彩さんが好きなタレントさんなのでなおさら良かったです。ちなみに好きなタレントさんというか、俳優さんは男性では 阿部寛さん、別所哲也さん、TOKIOの松岡くん、伊東四郎さん、ハリソンフォードさん、スティーブマックィーンさん、ピーターセラーズさん女性では上戸彩さん、黒木瞳さん、米倉涼子さん、メグライアンさんかなという感じです。

やはりじっくり集中してみるには映画館がよいですね。おうちではどうしても邪魔が入ったりします。昨晩も家で“パイレーツオブカリビアン 命の泉”を見ていたら、ちょうど佳境のところで宅急便屋さんが来てしまいました。でも今週は少し時間があるので日曜日の晩もローワン・アトキンスの気休めの報酬見て、家で奥様と笑い転げていました。どちらかというとアメリカのコメディーよりも英国映画の少しブラックなコメディーが大好きです。でもやはりコメディーで一番大好きなのはピーターセラーズのピンクパンサーです。家にはピンクパンサーのDVD BOXあります。ちなみにほかにはスターウォーズのDVD BOXもあります。なんとなく今日は撮りとめのない話ですいません。梅雨でお天気悪いときぜひ映画館をお勧めします。昨日、ソフトバンクのお父さんの手ぬぐいペアで手に入れたので滝野川の稲荷湯に奥様と夕涼みがてら行ってみようと思います



f0050534_7282665.jpg


銭湯応援クリックお願いいたします



今度の週末は福島・会津若松でXシリーズセミナーです。皆様のお越しをお待ちしております。


X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-27 07:29 | 写真アート | Comments(0)