2012年 06月 08日 ( 3 )

D800E  撮り初め 追加更新


f0050534_14465272.jpg
















f0050534_1444644.jpg












f0050534_1445718.jpg















f0050534_145848.jpg











f0050534_1452012.jpg














f0050534_14472050.jpg


Nikon D800E Nikkor60mm-G macro


D800E撮り初めです。モニター見た段階でアングリでした。革命的に凄いです。PCの画面からトマト汁が、こぼれそうな錯覚になるぐらいです。まさにきめ細かさは細心デジタル画像です。

しかも撮影していて感じたのは、非常にボディーが軽く感じます。カタログデーター的にはD700よりわずかに軽いぐらいですが、凄く軽く感じます。またシャッターショックも少ないです。今回まず便利だったのがシャッターディレイボタンの設定が1~3秒まで出来るので3秒でしました。マクロ撮影や超望遠景の撮影にはGOODです。でも希望を言えば4秒まで欲しかったです


家出一人興奮状態でした。これらの撮影に使った小物は今晩のサッカー ヨルダン戦の勝利への生贄になります(ようは宴会のおつまみです)特にチキンカツは英語で弱虫をチキンということがあるので、弱虫を食い勝つという語呂合わせにしました。得にこんばんは解説が松木さんなので勝つと思います。たぶん彼が解説のときは負けがないと思いますが、Kさんの時はよく負けます。
それと最近、サッカーやバレーボールでやたらタレント応援団やにわかタレント解説が出てきますが、しっかり人気があるスポーツなので、静かに見せてくれという感じと選手にお茶らけているみたいで失礼な感じがしますし、画面上うるさい気がします。どうかテレビ局さん視聴者を馬鹿にしないでください

日本がんばれ!!


最後の1点は食べ物ではないです


応援クリックお願いいたします



相原正明 カカドゥ撮影ツアーのお知らせ





X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-08 14:15 | カメラ | Comments(4)

箱根 冨士屋ホテル Dinner

f0050534_1085849.jpg












f0050534_1092766.jpg












f0050534_1091499.jpg












f0050534_1094479.jpg












f0050534_109336.jpg













f0050534_10101100.jpg













f0050534_1094913.jpg













f0050534_10101953.jpg













f0050534_1010646.jpg


FUJIFILM X100 jpeg

一足早い、奥様からの誕生日プレゼントのメインは冨士屋ホテルでのフルコースディナーでした。すべて美味しかったですが、特に前菜のスープとメインのステーキが美味しかったです。もうお腹一体でおなかが破裂する夢をみました笑

冨士屋さんのレストラン、味も最高ですがインテリアやお皿もその味を引き立てる大事な脇役になっています。歴史のなせるワザです、だから東京のニューオータニさんや、オオクラや帝国ホテルがどんなに新興外資系のホテルが来てもゆるぎないものがあると思います






応援クリックお願いいたします



相原正明 カカドゥ撮影ツアーのお知らせ





X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-08 10:15 | 美味しい食べ物 | Comments(2)

超高性能電子戦闘機導入 ?

f0050534_931356.jpg












f0050534_931391.jpg













f0050534_9312589.jpg













f0050534_9315637.jpg












f0050534_9314132.jpg



 昨日、家に次期超高性能電子戦闘機D800Eが来ました。発表以来だいぶ予約して待ちましたが、最近毎週ニコンさんから、D800Eのパーツを送ってもらいこつこつ自分で組み立てました(笑)(ディアゴスティーニではないので冗談です)

ともかくこんなにカメラを待ったのは初めてですが、昨日やっと手に入れました。しかも昨日は新宿MAPカメラでNikko24~70mmナノクリスタルレンズが6月10日まで160800円といセールで買っている途中に「入荷しましたよ」とのお店からの連絡で、1日でD800Eと24~70mmGと大人買いをしてしまいました。
以前2008年4月にも、同じMapカメラさんで朝、Nikon F6を買い家に帰ると、ペンタックスさんの67&645フィルムカメラが生産中止のニュースを知り、再びmapカメラに戻り645&67ボディーと67用75mmを買うという超大人買いをしたことがあります。お店の人にも「今朝、F6 買って行きましたよね?」といわれました笑

ともかく3600万画素、そのシステムとしての威力は波動砲というか両刃の剣かもしれません。使い方を間違えると自滅する可能性もあります

とりあえずこれで新世代撮影体制が出来上がりました。現在うちではこのような撮影布陣となりました

35mm系
グループ1
Nikon F6 D800E D700 S5pro
14mm 16mmFisheye 20mm 25mm (Zeiss ) 35mmf1.4 50mm f1.4G Zeiss50mm 1.4 60mmMacro G 85mm 1.4 100mm Zeiss ED300mm ED400mm 500mmf4P
14~24mm 24~70mm 28~70mm 70~200mm VRⅡ

グループ2
FUJIFILM X-Pro1 18mm 35mm 60mm

グループ3
中版
ペンタックス 645NⅡ3Body   35mm  55mm 75mm  120mmMacro 200mm  400mm
45~85mm  150~300mm
ペンタックス67Ⅱ-3Body
45mm  55mm 75mm 105mm  165mm 200mm

グループ4 パノラマ 

FUJIFILM TX-1
30mm 45mm 90mm



広告の撮影は80%デジタルになりましたが、20%はまだフィルムです。特に高級商品向けではフィルムの質感奥行き間が必要です。また写真展等の自分の作品ですと70%フィルムで30%でじたるですので、まだペンタックス中判軍が大事な主力戦力です
よくカメラ雑誌によってはデジタルVS銀塩、一眼レフVSミラーレスという対決物の記事がありますが、ナンセンスです。やはり撮影対象により適材適所です

最近もX-pro1とD700&800どちらがよいですかと聞いてきたアマチュアの方がいましたが、それはフレンチのコースと懐石料理とどちらが美味しいですかというようなものです。

これからもこのシステムで激写します。


応援クリックお願いいたします



相原正明 カカドゥ撮影ツアーのお知らせ
by masabike | 2012-06-08 10:02 | カメラ | Comments(4)