2010年 08月 20日 ( 5 )

富士フイルム 1000人の写真展に参加しています

富士フイルム 1000人の写真展に参加しています_f0050534_18571582.jpg






富士フイルム 1000人の写真展に参加しています_f0050534_18572597.jpg








富士フイルム 1000人の写真展に参加しています_f0050534_1857371.jpg








富士フイルム 1000人の写真展に参加しています_f0050534_1857474.jpg


今日から東京ミッドタウンを皮切りに日本最大級の参加型写真展"pHOTO IS 10000人の写真展が開催されました。もちろん僕も参加しています。僕が参加しているのはphoto book部門でプロゴルファーの青木功さんや女優さんの樹木希林さん、堀北真希さん、俳優の佐野史郎さんも参加しています。特に青木功さんのpHOTO BOOKはすごいです。必見です。

僕の作品は7月のオーストラリアの旅をまとめたもので"ODASSY"というタイトルです。ぜひご覧ください

クリスタルプリントは高品位のプリントで色がよいです。肌の色に困っている、香川のブロガーさんも、スランプに陥っている奈良のブロガーさんもだまされたとおもってお使いください。目からうろこです。

では週末はHONDA青山と富士フイルム六本木でお楽しむください




そして会場のクリスタルプリントの宣伝が僕の作品です。


by masabike | 2010-08-20 19:11 | 写真展 | Comments(1)

HONDAウエルカムプラザ25周年

HONDAウエルカムプラザ25周年_f0050534_1843032.jpg






HONDAウエルカムプラザ25周年_f0050534_18431413.jpg






HONDAウエルカムプラザ25周年_f0050534_18432446.jpg






HONDAウエルカムプラザ25周年_f0050534_18433650.jpg


今週でHONDA ウエルカムプラザ青山が25周年を迎えます。いわずと知れた世界のホンダの本社でもあり、モータースポーツの総本山。そこの1階にあるショウルームでもあり情報発信基地がウエルカムプラザ青山。

おととしまでここで毎年、環境月間に12年間写真展をやらせていただいていました。22年前、パリダカを夢見たバイク青年が、イベントのトークショウを見て胸を躍らせ、世界GPの写真展をみていつかカメラマンになってやると夢を描いていた場所なので、感慨ひとしおです。そんな憧れの場所で自分が写真展をやろうかとはその当時夢にも思いませんでした

きっと今、ここでバイクやGPや車を見ている10代、20代の人たちから大きく飛躍する人が出ると思います。メーカーにとって直接利益を生み出さない部門を継続するのは大変です。特にHONDAさんはいまだにMOTOーGPやインディーも継続していますし、サーキットも2つ運営しています。写真カメラメーカも同じです。直接利益を生まないギャラリー運営は大変です。
でも夢を売り、文化を作り上げるのはとても大事です。景気が少しでも悪くなるとレースもやめ、あっという間にサーキットを占めてしまうようなメーカの車では文化の香りが感じません。株価にエンジンと車輪が付いている匂いすらします


今25周年イベントで環境イベントビーチクリーンも展示しています。ぜひお時間あったら青山にお越しください。25周年記念小冊子には僕も載っています(笑)


by masabike | 2010-08-20 18:55 | イベント | Comments(0)

お米屋さんのKさん

お米屋さんのKさん_f0050534_8324325.jpg






お米屋さんのKさん_f0050534_8325492.jpg


Nikon D700 Nikkor24mm

昨日D700のオーバーホールが上がりました。7月オーストラリアの砂漠で酷使に次ぐ酷使をしたのでオーバー彫るし増した。しっかりNPS(ニコンプロサービス)で面倒見ていただきました

そこで夕方お買い物のとき、ご近所撮影です。ちょうどお米を切らしたので近所のお米屋さんに買いに行きました。「えっ?スーパーじゃないの??」と思われるかもしれませんが、お米やお花、野菜や魚はなるべくご近所の昔からのお店で買います。少しだけスーパーよりも高いですが、でも商売で使うわけではないのでスーパーで買っても1年間で2~3万円の差です。そして車の車検やメンテナンスも地元の整備工場でお願いしています。なによりも地元の昔なじみのお店を応援するのが大事です。地元の町会の人たちは写真展のときにもお越しいただいていますし、また冠婚葬祭何か困ったときには地元の人が力になってくれます。スーパーは力になってくれません。
お米を買ったKさん、うちの祖父の代からのお付き合いです。戦争中は隣組だったそうです。
車を車検に出すときディーラーに出そうと思ったら、うちの親から「昔防空壕でXXx自動車さんの親父さんといつも一緒だったからそのなじみで出してあげなさい」といわれそれからずーっとそうしています

フリーでやっていると地元の人の応援が一番大事です。ずっとお米はKさんのところで僕は買うつもりです



下町応援クリックお願いいたします


by masabike | 2010-08-20 08:42 | TOKYO下町 | Comments(3)

オランダ色の世界

オランダ色の世界_f0050534_8112527.jpg








オランダ色の世界_f0050534_8115590.jpg


Nikon D700 Nikkor28~70mm


オランダは大地も店先も、色、色、色です。とても綺麗ですが、この色の対極にある墨絵の世界にヨーロッパの人が禅とかと結びつけて神秘性を感じるのが少しわかる気がします

オランダの旅は2010年4月13日から22日です



by masabike | 2010-08-20 08:14 | オランダ | Comments(2)

北海道タンデムツーリング オロロン街道2

北海道タンデムツーリング オロロン街道2_f0050534_7512674.jpg





北海道タンデムツーリング オロロン街道2_f0050534_7514235.jpg






北海道タンデムツーリング オロロン街道2_f0050534_7515796.jpg


FUJIFILM F200EXR photo by 奥様

黄色いドイツの駿馬が北海道の青い空と緑の大地と新鮮なH2Oを突き抜けて走ります。まさにライダースハイ。絶対車では味わえない高揚感です。昔あるバイク乗りが「世の中には2つの人種がいる。バイクに乗るやつと、乗らないやつ」ここを走るといつもその言葉を思い出します。こんなすばらしい趣味があってよかったと!!

1988年オーストラリアの最初に行ったとき、ほとんど英語ができませんでした。ただその当時オージーのGPライダーでワインガードナーというHONDAのワークスライダーがいました。ちょうど彼が世界チャンピオンで、バイクの話題で片言の英語でパブや、ロードハウスや、そしてバイク屋さんで、バイクの話題でコミュニケーションができました。そしてパブで世界GPを見ていると、日本人ライダー当時、上田昇などが優勝すると、オージーたちは「お前に国のライダーが勝ったのだから、きちんと国歌斉唱のときは立ち上がって歌えよ」などといい、片言しかしゃべれない東洋からのライダーをみんな温かく迎えてくれました

北海道タンデムツーリング オロロン街道2_f0050534_875138.jpg





北海道タンデムツーリング オロロン街道2_f0050534_88835.jpg







北海道タンデムツーリング オロロン街道2_f0050534_882145.jpg



昨日8月19日はバイクの日。いろいろなイベントがありました。今実はバイクは大変な状況です。日本のバイクメーカーの生産台数が90年代の最盛期の10分の1だそうです。特に大型中型バイクの落ち込みがすごいみたいです。フィルムがデジタル化に押されて生産量が減っているとはいえ、最盛期の40%~30%はそれでもあるそうです。そう考えるとバイクはとても危機的状況だと思います。

この未知な世界と時間に連れて行ってくれる鉄の馬たちをどうか皆さんも関心をとせて、そしてどうか若い10代、20代の皆さん鉄の馬に乗り旅を通じて大きくなってください。インターネットでは体験できない世界です。

こんかいうちの奥様も「バイクの旅ってこんなに自然のにおいと温度がわかるなんて楽しい」といっていました。ぜひ皆さんバーチャルではないリアルワールドに来てください。バイク旅は大人を子供に、子供を大人にしてくれます

そして2人のたびは利尻富士が大きくなりにつれてわくわくどきどきが大きくなっていきます


バイク旅応援クリックお願いいたします


by masabike | 2010-08-20 08:09 | Motor Bike | Comments(6)