2010年 01月 29日 ( 4 )

写真展雑感 えらそうですいません

f0050534_23331342.jpg







f0050534_2337331.jpg


Nikon F2 Nikor28mm RDP2

PENTAX 645N Ⅱ 35mm velvia


写真展で思うこと

おかげさまで写真展Spiritも昨年10月の東京ミッドタウン 富士フイルムフォトサロン スペース1での開催を皮切りに、福岡、大阪、名古屋、仙台と回り残す会場は札幌のみいよいよファイナルステージ。そんなおり富士フイルムさんのスライドトークショウで再び福岡に戻ることになりました

そんなときに写真展を思い起こすと、いろいろお話したお客様のお顔お言葉、またご当地の美味しいものなどなど思い出すと楽しくなります。多くのお客様に自分の作品の最高の状態、そして全力を注いだ作品を見ていただく高揚感は何物にも変えがたいです。そして沢山写真の話もお客様としました。特に20~30代のお客様はいろいろな面で興味をもたれたみたいで、オーストラリアの旅のこと、カメラマンに一番必要なこと、写真展のコンセプトなどなど、そして中学生高校生はもう大興奮状態で質問してくる方も沢山いて楽しかったです。

でも仙台と名古屋であることに気がつきました。段階の世代のお客様の1~2人がルーペでプリントを見ているのです。後でそのうちの一人が「さすがプロですなピントがしっかりしていて、解析現象もないプリントで」などなどお話されました。もうあっけにとられるしか言いようがなかったです。写真展は悪魔で作品を見ていただくもので「テストプリントの品定めではないのです」といいたかったですし、そのまえに一発レッドカード退場にしたかったです。

特に熟年以降のお客様はほとんどの質問は「カメラの種類は?」「デジタル?フィルム?」「PLフィルター使っているんでしょ?」「絞りの補正は?」ほぼこの4つです。そして入り口の撮影機材一覧を丹念にメモしています(機材一覧はあくまでこれはサポートしていただいている、富士フイルムさん、ニコンさん、ペンタックスさんへの恩返しで書いているためのもので、データーをひけらかすわけではありません) 中には会場に入りいきなり「カメラはなあに?」と聞いてくる方もいます。情けなくなります。涙が出てきそうになります。あくまで作品を見てもらいたいのです。でも多くの若いお客様、女性のお客様は作品に何が写っているか、そしてその更に奥に何があるかを見ていただいているみたいで、一生懸命見ている姿を見ていると頭が下がります。

また先週の仙台でのこと、ある日中学生の社会科見学が写真展にお越しになりました。引率は先生ではなく、地元の営業写真スタジオの初老のフォトグラファー。とても腰が低く穏やかな方が生徒さんに引率としてついてきました。その方が30分ぐらい生徒さんに僕と一緒に作品の説明、もしくはフォトグラファーとはということを説明しました。1個もテクニカル的な説明はなかったです。撮った写真家の気持ち、被写体とフォトグラファーとの係わり合いなどをとても丁寧に説明されていました。とても僕にも充実して楽しい時間でした。数年後この中学生たちの中からとてもすばらしいフォトグラファーが仙台から誕生してきそうな予感がしました。

何のカメラで撮影したかとてもそれはそれで興味があるのは僕もわかります。でもそれだけにとらわれないでください。先日60代の男性のお客様より「写真展としてはよいと思うのだけど、データーもまったく書いていないし、撮影現場の詳細も書いていなければ、おまけに全部外国でまねできないので全然参考にならないよ、相原さん今度国内撮影した写真見せてよ」といわれ今迄で一番あっけにとられました。写真展はあくまで作品展です。作例展ではないです。

お願いです!写っているオーストラリアのSpiritたちを見て感じていただきたいと思います。そして写真展では次の3つのことをぜひお客様に守っていただきたいともいます
1)会場内で携帯電話では会話をご遠慮くださいますようお願いいたします
2)作品に手を触れないでください。指紋がつき脂で変色します。
3)作品を携帯電話等で撮影しないことをお願いいたします
4)作品を見るときにはサングラスもしくは色のついためがね等をはずしていただきたいです。微妙な色の違いに命をかけて撮影した作品ですし、多くのスタッフの方が丹精こめてプリントしていただいたものなので

特に1番は主催者だけではなく、ほかのお客様のご迷惑になりますのでお願いいたします。先日もあるアマチュア写真家の方で会場で注意したところ「えここはいけないの?」と逆に聞かれびっくりしました。そのかたも写真展ご自身でやられていますし、50代後半でしたので立派な大人の方で、周りのお客様の大学生の方々のほうがびっくりされていました。

以上何か愚痴っぽくなりましたが、ぜひ皆様ご理解お願いいたしますし、ぜひ楽しんで写真を撮ってください。ではまた写真展の会場そしてトークショウの会場でお待ちしています。皆様のご来場心よりお待ち申し上げております

何かコメントあればお待ちしております、ただし今回はカギコメや、捨てハンドルはご遠慮ください。ご自身のご意見を正々堂々とコメントとして残してください。申し訳ございませんが、今回はカギコメ捨てハンドルは削除させていただきます。勝手な意見でごめんなさい

相原正明
by masabike | 2010-01-29 23:54 | 写真アート | Comments(51)

ショウロンポウでエネルギー充填

f0050534_14573149.jpg






f0050534_1458122.jpg


今日から福岡入りします。明日から福岡と鳥栖でGF670のスライドトークショウです。九州の皆さんあと1日お待ちください。楽しいカメラライフの時間お届けいたします。まだ間に合いますのでぜひお越しください。皆さんウエルカムです。ただしライカウィルス保菌者は・・・・・・・、やはりウエルカムです。理性のワクチン強くします(笑)
トークショウ詳細です


30日 福岡GF670スライドトークショウ
31日 佐賀鳥栖GF670スライドトークショウ この2つの詳細はこちら

というわけで昨晩は浜松町大門で友達とショウロンポウとチャーハンで栄養つけました。最高のショウロンポウでしたがお店の名前忘れました。お客さん全員がショウロンポウ頼んでしました

ショウロンポウ応援クリックお願いいたします
by masabike | 2010-01-29 15:02 | 美味しい食べ物 | Comments(1)

見過ごしてしまいそうな一瞬

f0050534_8253577.jpg


NikonD700 Nikor28~70mm


墨田川歩いていると、壁に綺麗な模様が。小さな自然が作り出した小さなでも力強い自然のオブジェです

佃島応援クリックお願いいたします




by masabike | 2010-01-29 08:27 | TOKYO下町 | Comments(0)

佃島路地裏散歩 ゆっくり笑顔で歩きます

f0050534_7555234.jpg








f0050534_7581924.jpg








f0050534_75687.jpg









f0050534_813815.jpg


Nikon D700 Nikor28~70mm

佃島の路地から一歩外に出ると隅田川。あ~昔は東京湾の島だったんだと実感しました。路地を出ると潮の香りがします。散歩と撮影が楽しい佃島です。でもここは地元の人の生活の場所です。撮影対象のために生きているのではないので、皆さん静かにマナー良く楽しんでください。エントランスの撮影もさおのため少人数で2グループぐらいに分けれて歩いていますし、路地での大声おしゃべりは厳禁にしています

これからもスライドトークショウが沢山あります。会場をお間違えないようお願いいたします

1月

30日 福岡GF670スライドトークショウ
31日 佐賀鳥栖GF670スライドトークショウ この2つの詳細はこちら

2月
12日 根室GF670スライドトークショウ
13日釧路GF670スライドトークショウ


根室会場
開催場所:根室市総合文化会館2F 第2講座室
     〒087-0006 根室市曙町1丁目40番地
開催日時:平成22年2月12日(金)
開催時間:18:30~20:30
募集人数:40人/回 *先着順とさせて頂きます。
参 加 費:1,000円(参加特典フイルム1本付き)


釧路会場
開催場所:釧路市生涯学習センターまなぼっと 5F ハイビジョンシアター
     〒085-0836 北海道釧路市幣舞町4番28号
開催日時:平成22年2月13日(土)
開催時間:18:00~20:00
募集人数:40人/回 *先着順とさせて頂きます。
参 加 費:1,000円(参加特典:フイルム1本付き)





17日苫小牧 GF670スライドトークショウ
18日札幌 写真展 Spiritスライドトークショウ 苫小牧札幌の詳細はこちら
28日長野諏訪 スライドトークショウ(詳細未定)


3月14日 秋田銀塩写心スライドトークショウ(詳細未定)

青森県七戸4月24日ぐらいワークショップ&スライドトークショウ


沢山ありますよろしくお願いいたします

写真展は下記の通りです
1月21日~26日 フジフイルムフォトサロン 仙台 写真展Spirit
2月19日~26日 フジフイルムフォトサロン 札幌 写真展Spirit



写真展応援クリックお願いいたします


by masabike | 2010-01-29 08:06 | TOKYO下町 | Comments(1)