2009年 07月 08日 ( 3 )

F1鈴鹿に戻って!!

f0050534_14375132.jpg




家の本棚で資料の探し物していたらこんなのが出てきた。1983年の鈴鹿8時間耐久レースのパンフレット。
2000年ぐらいまでは鈴鹿詣でで、よく8耐(ハチタイ)のレースを見に行っていた。(当時はモータースポーツフォトグラファーになりたかったので300mm+テレコンで鈴鹿や筑波によく行っていました)日本GPも見に行っていた。まだ世界選手権になる前の1987年の日本GPで見たホンダ+ワインガードナーとヤマハ+平忠彦のレースは今でも目に焼きついている。まさに名勝負だった。ともかく僕にとっては鈴鹿=モータースポーツの聖地だった。

昨日ネットニュースでFISCO(富士スピードウェイ)の来年のF1開催中止のニュースを見た。すったもんだの大騒ぎをして政治的な駆け引きまでしたといわれているのに・・・。でもトヨタさんもこの未曾有の経済不況で苦渋の決断だったのかなとお察しします

でも鈴鹿サーキット建設が始まった昭和30年代、まだ日本はモータースポーツのモの字も存在せず、それどころか道路はまだ未舗装が多く、自動車産業はまだ黎明期。そんな時莫大なリスクを抱えサーキットを建設し、そして今日までモータースポーツを支えてきたホンダの継続力を改めてエールを送りたい気持ちになってしまった。鈴鹿八耐、F1はじめ多くのレースを運営してきた。きっとこの何十年間ホンダとて順風満風ではなかったと思う。一度や二度はサーキットを手放したいと考えたとは思う。またモータースポーツをやっていなければもっと会社の利益が出るのにと考えた経営陣もいたのではと思う。
でも自分たちのSpiritを信じ長年継続するだけではなく、さらにモテギというもう一つのサーキットまで作ってしまった。日本の自動車バイクメーカーで一般開放のサーキットを2つ持っている会社はホンダしかない。

今ホンダも経済状況がきつく、F1チーム撤退、鈴鹿八耐ワークス撤退もあるけどいつか戻ってきてくれると思う。そしてこの経済状況でも今年鈴鹿でF1開催を続行する継続する意志に拍手を送りたい。まさに「継続は力也」。トヨタさんもいつか経済が復活したらF1をFISCOで開催するのかもしれない。でも経済が復活して、営業利益が復活しても、F1開催中止で失ったブランドイメージとSpiritはお客様には戻らないのではと心配してしまう。世の中はお金で図れないものが一番大事で高価だと思うのですけど・・・。


2010年F1鈴鹿開催してという方クリックお願いいたします


by masabike | 2009-07-08 14:38 | Motor Bike | Comments(5)

仙台勾当台 フォトグラファーズカット2

f0050534_774357.jpg






f0050534_775663.jpg







f0050534_781430.jpg







f0050534_782436.jpg


Nikon D700 Nikor14~24mm

タスマニアの森で小さな植物を撮るのも、モデルルームで撮影するのも視点と心は同じ。全てはしっかり見る、しっかり感じること。そして柔軟に考えること。広告の撮影の視点、風景撮るのにとても役立っています

仙台勾当台のWeb写真展もよろしくです

広告お仕事もしているんだと思ったらクリックお願いいたします


by masabike | 2009-07-08 07:12 | 広告仕事 | Comments(2)

GF670 実戦投入

f0050534_645541.jpg


GF670 FUJINON 80mm 6×6設定 プロビア100F

1~2月にテストしたFUJIFILM GF670を購入し、都内で慣らし撮影も終わり(なにせ中判レンジファインダーカメラは初めてなので)室生寺&大台ケ原で実戦投入しました。やはりお寺や森などのモチーフを撮影にはうってつけだと思いましたので遠征にもって行きました(あとは奈良のN氏にプレッシャーをかけるためもあり〈笑))

このGF670なんと言ってもレンズシャッターなので音が静かです。だから室生寺みたいな静かなお寺を撮影するにはうってつけです。お寺や静かな庭園、下町路地散策などで撮影するにはベストパートナーのカメラです。でもなんといっても最大の魅力はその軽さです。重さ1キロ。1日中大台ケ原を持ち歩いても楽勝です。デジタル一眼やフィルム一眼と併用で持ち歩きたい方にはお勧めです。

基本的には大きな風景は6×7設定、木やポートレイト何かオブジエ的なものを撮るには6×6設定でしております。このカメラポジで風景も良いのですが、静かなのでポートレイトでネガカラーの撮影に非常に向いています。しかも蛇腹が伸びるので、普通の人は「ワー面白い」と撮影のときになるので撮影の相手との会話のコミュニケーションツールにもなります。

ネガですとポジほど露出も難しくなく、銀塩フィルムビギナーでも安心ですし、とても色が柔らかいのでデジタルの一番対極にあると思います。今多くのファッション誌がネガカラー撮影&入稿しています。

ROW現像とホワイトバランスに行き詰ったら、ネガカラー+GF670で写真の原点に立ち返りませんか?



今回撮影のフィジーではGF670+FUJIFILM pro400のネガカラー(ネガカラーでの仕事の撮影は15年ぶりぐらいでした)でフィジーの人の笑顔バシバシ撮りました。10月発売のカメラライフ〈玄光社)をお楽しみにお待ちください


GF670いいな~~と思ったらクリックお願いいたします



by masabike | 2009-07-08 06:59 | GF670 | Comments(2)