帰国??

f0050534_11551368.jpg




 今、初夏のオーストラリアに帰ってきました。シドニー空港から何人かともだちに電話すると、みんな口々に言う言葉は同じで「おかえりなさ~~い」です。そうここに帰ってきたという感じです。自分のしっかりした居場所が日本の外にあると言うか、地球のもう一つの場所に自分のベースがあると言う感じです。でもほっとするのと反面、ここはじぶんにとってホームでもあり戦場でもあります。やはり毎日いいものを撮りたい!撮りたい!撮りたい!!!そして撮らなければならない。ここは日本と違うので最低でも100%が求められますし、みんなとてもフォトグラファー含めオージーたちはアグレッシブで、ネバーギブアップです。とっても辛抱強く最後の最後まで努力してあきらめません。

 2006年ドイツサッカーワールドカップ、最期の10分で日本はオーストラリアにコテンパンにやられ3ゴールを許してしまいます。試合前の下馬評は「断然日本有利」日本の何人かのサッカー評論家は「日本選手に前半スピードでかき回され、オージーは後半スタミナ切れするので勝てるでしょう」と言うコメントが多かったです。でも結果は逆です。彼らは決してあきらめません。この日本の23倍の不毛と言われた大陸を開拓し、サバイブしてきたパワーは底知れないです。ここに癒しはないです。常にポジティブ、アクティブ。そしてネバーギブアップ。
以前にもブログに書きましたがホンダのもとGPライダー、ワインガードナー。彼もオージー。どんなレースも最終ラップ最終コーナーまであきらめないと言う性格です。1987年?7月絶対ヤマハ優勝といわれた鈴鹿8時間耐久レース。当時キングケニーという愛称で世界GP最高峰クラスを我が物顔にしていたケニーロバーツ(凄く凄くかっこいいライダーです。)と日本のスターライダー平忠彦とのコンビでレースに臨む。スタート前からヤマハワークスのケニー&平はホンダワークスのガードナー&徳野組に何秒あるいは何週話してチェッカーを受けるかとの観客の話題でした。そのころまだ無名のガードナー、こんなオーストラリアの田舎ライダーに何が出来るのかと僕も観客席で見ていました。スタートから予想通りケニー&平のぶっちぎりです。でも以外と予想以上には差は開きません。

鈴鹿サーキットに西陽がさし、もうレース終盤、まだガードナーはケニーに追いつけません。誰の目にも勝負は明らかです。そして夜の帳が下りるころ、ホンダクルーはピットに入ってきたガードナーの乗るマシンを見てビックリしたそうです。白いマシンのガソリンタンクが真っ赤になっていた。エキサイトして興奮したガードナーが走りながら鼻血を出しそれでタンクが真っ赤に染まっていたと言います。もう無理しないでライダー交代というチームのアドバイスを押しのけ、交代ライダーを押しのけ彼は夕闇のピットロードの先に消えていったということです。そして奇跡は起こりました。最期の30分を切ったところでガードナーのプレッシャーなのか余裕のリードをしていた平選手の乗るヤマハワークスマシンは鈴鹿のストレートで息の根を止めました。まさかの逆転優勝、そしてその年、ワインガードナーはオーストラリア人初、南半球初のGP最高峰クラスチャンピオンにかがやき、その年のオーストラリア人スポーツマンオブザイアーにグレッグノーマンを押しのけてなりました。

最後まであきらめないと言う話が長くなりましたが、オーストラリアそしてオージーはそんな人種です。スポーツ雑誌ナンバーインタビューで元サッカ オーストラリアチーム監督のヒディングさんもそう述べていました。ここに撮影に来たとき、最期の1駒のフィルムがなくなるまで、デジタルカメラのバッテリがー無くなるまで、飛行機がオーストラリア大陸を離れるまで撮って撮ってとり続けないと勝てません。オーストラリアの大元、大英帝国のかっての首相チャーチルがこんなことを言っていました。1940年当時英国は「バトルオブブリテン」と呼ばれるドイツのルフトバッフェ(空軍)と壮絶な航空決戦をしていました。戦力は英国1に対してドイツ空軍4で圧倒的不利で、ヒトラーからの和平か降伏勧告があったと言われています。でもそのとき彼は「最後の一人になってもイギリスの国会議事堂かバッキンガム宮殿にドイツ国旗が掲げられるまではあきらめないと」突っぱねたそうです。その流れを汲む国民かなりハードな連中です。でも明日からたのしく頑張ります!!戦います!!

オージーパワー感じていただけたらクリックお願いいたします
by masabike | 2008-11-13 11:55 | タスマニア | Comments(6)
Commented by burg at 2008-11-13 12:34 x
この文章から今回の遠征に掛ける闘志をビシビシ感じます。
Mっちを虐めまくる!という闘志を・・・(爆違)
Commented by mugnum-yoda at 2008-11-13 18:32
あまりの良い色に声を失った〜スゲ〜!
Commented by 奈良はよいとこ at 2008-11-13 23:14 x
雄大ですね〜^^
いってみたい!
Commented by SJ_SL at 2008-11-13 23:28
第二の故郷が海外って何かカッコいいですね^^

私も海外で写真を沢山撮ってみたいです★
Commented by NATUREA at 2008-11-14 10:35 x
その8時間耐久、鈴鹿で観戦してました。
メチャクチャ興奮したのを覚えています。
私もガードナーが好きでした。

どうか、マナブっちをいじめてあげてください。
宜しくお願いします。m(__)m
Commented by お散歩大好き!歩でーす^ ^v at 2008-11-19 15:50 x
凄い色の空と雲、感動(*´∀`*)ノ☆.。.:*・゜
<< ブタペスト中央市場 タスマニア巡礼団 >>