ブタペスト最後の夜

f0050534_6223958.jpg




f0050534_622532.jpg






f0050534_62362.jpg


FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm フィルムシュミレーションモード

いよいよブタペストも最期の夜が近づいています。歩きながらチラチラ時計を見てしまい、自分で残り時間をカウントダウンしてしまっています

何処で最期の夕日を楽しむかなと考えたのですが、やはり王宮の丘から見るのが一番かなと思い、また丘に登った。日が沈み街に明かりがともりだす。次にここに来れるのはいつなのかなと感慨深くなってしまった。日本からヨーロッパそして南半球オーストラリアを旅することを考えると地球ってこんなに小さいのか、と考えてしまう。飛行機で数十時間でこの惑星は何処でもいけてしまう。次は何処かな?Moon?
そんなことを考えていると夜の帳と共に、ドナウの宝石が現れてきた。この宝石はミにつけることが出来ない。でも心の中に飾ることが出来る。またドナウの宝石見に来ます!!!

ドナウの宝石見に行くぞと思ったらクリックしてください


by masabike | 2008-11-07 06:30 | ハンガリーの旅 | Comments(1)
Commented by yumimi61 at 2008-11-07 16:12
反省コメントばかりではなんなので、こちらにも。
実は、「王宮からの眺め」の1枚目の写真がいいなぁと思っていました。
質感(といっても画面上ですが)が好きです。
それから、全景ではなく覗き見た感じがなんともいい味で。
ブログ背景の黒色と写真のまわりの色がうまく溶け込んで、ほんとにそこにいるような錯覚に陥ります。

ここの2枚目も、前のものとは違ってカラーですが、建物の中から撮っていることによる柱や影によって、ものすごく奥行き感を感じる写真で、そのことで全部が見えていない街にもかえって奥行き、奥深さを与えているような気がしました。
この写真のおかげで、素敵な街に見えます。(あれ、また失言?)
ほんとに素敵な街なんですよね。
<< 王宮の丘 豪華なカフェ「ニューヨーク」 >>