徳島・吉野川に立って思うこと

f0050534_8433984.jpg




f0050534_8365417.jpg





f0050534_837813.jpg





f0050534_8372162.jpg






f0050534_8373134.jpg



クラッセW フジカラー 400(ネガ)

 父の実家の目の前にある、吉野川を望むこの土地に立つといつも思うことがある。何百年前の僕のご先祖様は、自分たちの子孫が大洋を渡り遠い南半球の大地で光と影を追い求めて活動することを想像しただろうか?何十柱にも及ぶご先祖様の墓石一つ一つに手を合わせるたびにここに眠る一人ひとりに問いかけてみたくなる。

オーストラリアの荒野を旅するまで正直に言って四国までお墓参りに行くことは毎年していなかった。2~3年ごとであったし遠いな~というのが実感だった。オーストラリアの真っ赤な大地をバイクでテントをかついで走り回り、毎日大自然のドラマを見ているとだんだん気がついてきた、あるいは感じてきたことがあった。この世界の全てのことは偶然ではなく必然であると言うこと。そしてこの地球上に今にいけるものすべてがこの40億年の時間の奇跡の結晶であること。



砂漠で見かけるカンガルーも雑草でさえも40億年と言う地球が作り出した奇跡であること。どこかで何かのタイミングがずれてしまったら目の前にある生物は出会うこともなく、存在もしないと言うこと。そして自分もその例外でないこと。そう自分もこの地球が作り出してくれた奇跡の産物に他ならない。この40億年の歴史でどこかのタイミングがずれていたら自分は存在しなかった。そしてその奇跡を起こしてくれた一番身近な存在が自分の先祖であることも実感した。今時分がここにいて毎日が送れることに感謝しなくては大変だということにオーストラリアの大地を通じて教えてもらった。

そうだからこの奇跡の結晶である自分の命、自分の人生を大事にしなくてはとおもう。自分と言う奇跡を作るためにどれだけの多くのご先祖様、地球のエネルギーが必要だったことか。だから僕は大変なことは毎日あるかもしれないけど自分と言う奇跡を大事にしたいと思うし、自分を作ってくれたこの星の大地とご先祖様に心から感謝しなくてはと。さらには自分たちの使命として、この奇跡を次の世代に伝えなくてはと思う。

これを読んでいる皆さんも当然奇跡の結晶です。ですから自分がこの世界に存在することを感謝し楽しみましょう。きっと明日はもっと楽しくなるかもしれませんし、元気が出てくるかもしれません。なんかお墓参りをしたせいか、またお盆前のこともあり少し宗教くさいというか、お説教くさい話になりスイマセン。でも昨今命が軽んぜられている時代、今一度、自分という40億年の奇跡の結晶を考えていただければと。またこの星にある全ての奇跡の命も大事に考えて、いとおしく思っていただければと思います

何か感じていただけたらクリックお願いいたします



by masabike | 2008-07-24 08:39 | | Comments(9)
Commented by waju at 2008-07-24 08:58 x
世の中にいらない命は無いんですね。
最近変な事件が多くて嫌な気分でしたが、おっしゃるとおりですよね。
Commented by Capucci-mm at 2008-07-24 09:21
相原さん、その四国の自然も生態系も変わってきてます、
瀬戸内海も太平洋も・・・現実に熱帯のチョウチョが羽化してました。
そのうち砂浜が無くなるとも??
私たちは子供たちに何を残せるのでしょう??^^;
Commented by mamunia at 2008-07-24 09:57 x
相変わらず、いい文章・・・^^
人生って、奇跡の軌跡ですね。
Commented by narugami_626 at 2008-07-24 11:33
この世に存在できた事…
それに感謝する心…決して忘れてはいけない事ですね。

Commented by resahiso2 at 2008-07-24 12:22
大切にしなければいけませんね。本当に。
いろんなことに感謝〜〜〜〜(T@T)
全てつながっていますね。過去も現在も未来も。
心に響くお話。有り難うございます(^^)
Commented by handachin at 2008-07-24 13:32
有難いお話、ありがとうございます。
後世にいいモノをいっぱい残してあげたいですね。
Commented by NATUREA at 2008-07-24 15:19 x
相原さん、量子力学の世界に入り込んおります♪

私も相原さんと同じく、命を写心に撮ろうとしています。
写心を撮ることが、自分を撮ることに等しいのだとも思い始めました。
あまり難しく考えると何もできなくなりそうなので、とにかく、撮ります(笑) 
すいません、わけがわかんないコメントです。
Commented by un-chat at 2008-07-24 19:28
相原さま、こんばんは。
今、このテキストを私のアシスタントに朗読させています。。。
だからと言って押し付ける訳ではなかったのですが、
彼女は途中で涙ぐんでいました。

20代前半の女性でもしっかりと刻み込まれるお言葉、ありがとうございます。

また元気を戴けましたよ!


Commented by masabike at 2008-07-25 07:22
皆様へ
命の流れ、考えていただけたコメントありがとうございます。今後も引き続きご声援よろしくお願いいたします
<< 日本列島東奔西走 土佐の味はカ... ジャパネットたかた S100FS >>