日本の原風景

日本の原風景_f0050534_6591550.jpg






日本の原風景_f0050534_6593311.jpg






日本の原風景_f0050534_6594948.jpg








日本の原風景_f0050534_701928.jpg


PENTAXK20D18~55mm jpeg

オーストラリアに撮影に行くようになるまで、日本の普通の田舎の風景というのはあまり興味がなかった。でも海外を旅する時間が長くなればなるほど日本の何気ない普通の景色、何気ない日常というのは凄いのではないかと気がつくよくになった。だから最近(といってもこの10年ぐらい)時間があると、農道何号線とか、剣道何号線とかの何気ない田舎の道を旅するようになった。地図を見てここかなという直感で場所を選び旅しています。


 そんなときにドイツの駿馬BMW1150GSは心強いです。GSはゲレンデシュポルトというドイツ語でたしかオフロードビークルと言うような意味です。世界中何処でも旅できる究極の旅バイクです。高速道路はハイスピードクルージングが出来、かつ田舎道は強大な低速トルクとリラックスなポジションでのんびり景色も見ながら走れます。そして荷物は限りなく積めます。あっそれとこのバイクシャフトドライブ(普通のバイクはチェーンドライブなので距離を走るとチェーンのメンテナンスをしながら走らなければならないです)なので長距離のツーリングにはうってつけです。今このバイクで年間10000~15000キロぐらい走ります。

そして今回ツーリングの途中で見つけたのはこの木造校舎の学校。いまは公民館で的に使っています。152号線を水窪はいる少し前にありました。とても懐かしい感じでまさに大正昭和でした。今回の南アルプス~天竜川~大井川沿いの山間部、有名な観光地はないですがとてもとても日本の原風景の感じがしました。また旅したいです。いいロケハン場所も見つけられました。いつかパノラマで撮りに来ます。

日本の原風景感じていただけたらクリックお願いいたします


by masabike | 2008-05-30 07:14 | Motor Bike | Comments(1)
Commented by Capucci-mm at 2008-05-30 07:54
四国の片田舎も良いですよん(^^ゞ
<< メガドンブリ フォッサマグナツーリング >>