タスマニアツーリング

 
タスマニアツーリング_f0050534_14594144.jpg





タスマニアツーリング_f0050534_150356.jpg







タスマニアツーリング_f0050534_1502817.jpg






タスマニアツーリング_f0050534_1505051.jpg







タスマニアツーリング_f0050534_1511535.jpg






タスマニアツーリング_f0050534_1513654.jpg







タスマニアツーリング_f0050534_14585161.jpg


オーストラリア人は大の遊び好きで遊び上手。どんなところでもエンジョイしてしまう。このタスマニアでのブガッティークラブミーティングもそうだ。雨でもみんなニコニコして楽しんでいる。雨の中レインウェアーを着て飛行帽をかぶり愛車にうちまたがり出かけていく。タスマニアは全土がとても素晴らしいワインディングロード、スポーツカーやスポーツバイクの愛好家にはパラダイス。いつも撮影にいくエリアにもとても素晴らしいワインディングがあり、いつかそこをビッグツインのバイクでランチボックスもってツーリングに行きたいと考えている。たぶん一日中そこを往復して走り回っていると思う。
そして走り疲れたら夜はみんなで楽しくパーティー。今回のブガッティーミーティングでもそうだ。しかも何人かはかなりきっちりご夫婦でお洒落をしている。そのパーティーの場所はなんと僕の写真展の会場。いい車を愛し、いいワインを愛し。いいアートを愛しそして最後に好い女性を愛する。そんな感覚でとても楽しく行っている。何十人ものブガッティーのエンスージャストが僕の写真を肴に車談義、旅談義、写真談義をしている。このようなイベントのパーティーにギャラリーを選ぶというのもとてもお洒落だ。

いぜん植田正治さんの美術館にお伺いしたときあるスポーツカークラブがツーリングの途中で休憩場所に選んで立ち寄られていた。「お~なかなかいい趣味しているじゃない」と思ったのだけれど会話の内容が「この人有名なのかな?」とか「なんで砂丘ばかりなのだろう」とあまりにも貧しかったのでとても悲しかった。車とカメラ意外と共通項もあるのでもう少し何とかなってもらいたい。全部の日本のモータースポーツクラブがそうだとはいえないけど、僕も以前バイクのクラブミーティングに何回かでたけど、何かとても底が浅く悲しかった。
別にハイソになれと言うわけではないけど、車やバイクを通じていろいろな人と知り合い、いろいろな文化を味わってもらいたい。

そういえば今回ギャラリーで僕のキャプションを読んだオーストラリア人が「日本人にこうゆうユーモアのセンスがあると思わなかった」と言っていた。以前にも似たようなことを何回かいわれた。そのときいつも「日本にある文化で落語と言うのがあります。一人のコメディアンが何人もの役を使い分け、最後にウィットにとんだジョークで締めくくる話芸があります。だからもともと日本人は何百年も前にユーモアと言うの持っていたのですが、最近少し乏しくなっていますが、きちんとした日本人はユーモアのセンスを持っています」と説明しています

個人的には僕の貧困な英語力では落語と言うものをストーリーも含めてきちんと説明できないのが悲しいです

ともかくこのタスマニアのひたすらワインディングロードの続く原生林でブガッティーやCBRやドゥカティーみたいなスポーツバイク、もしくはトライアンフのビッグツインなんか載ったらとても気持ちがいいと思う。いつかこのタスマニアのワインディングをビッグツインで走ってみたい。そしていいワインと好いアートとそしていい○○○○も楽しんでみたい。

タスマニアでドライブしたいなと思ったらクリックお願いいたします

by masabike | 2008-03-31 15:02 | タスマニア | Comments(7)
Commented by Capucci-mm at 2008-03-31 19:06
元々バイク乗り(ノービスクラスだったんです)だったので
走ってみたいです♪
ゆっくり走るバイクも良さそう~~!(^^)!
Commented by narugami_626 at 2008-03-31 22:26
私も若い時はバイク乗りでしたので、
そういう環境下で走るのは憧れちゃいますね~~^^
景色を、流れる風を楽しみながら、のんびりツーリングしたくなります~♪
Commented by iwayan at 2008-03-31 22:53 x
先日もどうも。今日のエントリーを読むと、やっぱり、羨ましい。
バイク好きには、最高の過ごし方ですね。
日本でこういう過ごし方をしている人は、やはり少数派でしょうね。

少々脱線かもしれませんが、かつて「ライダースクラブ」誌で連載していた「鉄と心とふれあいと」を思い出します。あのコーナーで紹介された多くの先輩達に憧れたものです。
Commented by masabike at 2008-04-01 10:53
カプチさんへ
ノービス出ていたんですか!では次回四国でバトルしましょうy!!!
Commented by masabike at 2008-04-01 10:54
narugamiさんへ
ふたたびバイク乗りになりませんか?楽しいですよ
Commented by masabike at 2008-04-01 10:55
iwayanさんへライダーズクラブの連載いつも見ていました。ああいう歳のとりかたしたいです。難しいですね??
Commented by bon_bom at 2008-04-01 12:49
日本もそろそろツーリングシーズン。
「ワインディング」と聞いたら、走ってみたくなりますね~
ワタシはducatiですけど、きっとtriumphのボンネビルとかの方が似合いそうだなぁ。。
<< ホバート夜明け Back to TASMANIA >>