世界遺産クレイドルマウンテン PENTAX K20D撮りおろし  

世界遺産クレイドルマウンテン PENTAX K20D撮りおろし  _f0050534_18552079.jpg




世界遺産クレイドルマウンテン PENTAX K20D撮りおろし  _f0050534_18553858.jpg




世界遺産クレイドルマウンテン PENTAX K20D撮りおろし  _f0050534_185608.jpg





世界遺産クレイドルマウンテン PENTAX K20D撮りおろし  _f0050534_18561548.jpg


PENTAX K20D 12~24mm jpeg

ダブ湖から臨むクレイドルマウンテン、多分僕の作品の中で一番撮影をしている。撮ったときはいつも最高のシーンと思うときが多い。でも翌日になるともっと凄いシーンが撮れるかもしれないと考える。ここは難局からの風の通り道、気象変化が激しい。年間270日は雨で山は見えない。でもそんな雨の中でも山が見えるときがある。以前猛烈な吹雪だが山が見えた時があった。だから明日はもっと最高なシーンが撮れるといつも思う。多分富士山を撮影している人たちと同じ気持ちかもしれない。だから飽きることはない。

よく同じテーマを撮影していて飽きたとか、撮り尽くしたという方がいる。それは対象を撮り尽くしたり飽きたりしたのではなく、自分の心自体が硬直化したのではないかと思う。以前グレートジャーニーを撮影された関野吉晴さんにお会いしたことがある。関野さんは南米の撮影に22年間かかった。やっとそれで踏ん切りがついたとおっしゃっていた。それでもまだ南米を撮影したいが先に進まないとと言うことで南米を後にしたと言う。

あれだけの方でもそれだけかかったと言うのにテーマが飽きたとか見つからないと言うのは信じられない。もっと良く見てもっと心を開きもっと対象を愛してあげればきっと飽きないし、自然も心を開いて見せてくれる。自分がピンと来た自然とコミュニケーションすれば全然飽きることはない。それは他の全ての撮影にいえていることだと思う。よく「僕は、私は人とコミュニケーションが苦手だから風景を撮影します」と言う人がいる。確かに会話を続けたりするのは人によっては苦痛の人もいる。でも人とコミュニケーションがとれない人は自然とコミュニケーションもとれないと思う。もっと一皮向いた風景写真を撮るには地球と会話しないと難しいと僕は思います。

そして会話すればするほど撮りたいものは広がり人生1回分では足りないと感じてきます。僕はオーストラリアをとるのが大好きです、人も風景もそれはこの20年間変わりません。それは毎年強くなります。同時に日本も下町も鉄道も撮りたい気持ちも強くなっています。最近朝起きて家でいきなり撮影戦闘モードになるときがあります。フィルムカラー、モノクロ、デジタルメディアと時を選ばずドンドンとりたくなります。話は脱線しましたがそんな感じの撮影のなかでもタスマニアの森はいつも僕を奮い立たせてくれます。どうかそんな写心バカが撮影した写心をペンタックスフォーラムの個展「風林光山」の会場に見に来てください。地球のポートレイトがお待ちしています。お願いいたします。


3月23日には ペンタックスフォーラムでスライドトークショウも行いますぜひ上記ペンタックスさんのサイトをご覧になりお申し込みください。

撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空 ペンタックス株式会社

クレイドルマウンテンあってみたいとお感じいただけたらクリックお願いいたします


by masabike | 2008-03-07 19:17 | PENTAX K20D | Comments(3)
Commented by Capucci-mm at 2008-03-07 19:34
私、毎年同じポイントで蛍を撮り続けてます。
確かに飽きません、その季節になると蛍の飛び具合が気になって
仕方ないんです、日によって時間によって場所によって毎回違います。
D60時代からですからもう何年だろ??それでも楽しみで(^^ゞ笑
Commented by ayrton_7 at 2008-03-07 22:55
いやぁ、このダイナミックレンジ感良いですね。
腕力ではS5proの方が在るのでしょうが、ソフトウェアの巧みさなのかK20Dの階調性を素晴らしく思います。
Commented by mid_45 at 2008-03-08 00:04 x
見た瞬間、こりゃ日本じゃ撮れない・・・と思いましたが
テキストを読み進めて行くにつれ
地元でも撮れるかも・・・の思いが強くなりました。
ご指南有難うございます(笑)
<< 今朝のおめざ 虎屋の羊羹(ようかん) タスマニア グルメ!おなか一杯... >>