長い友達

 
長い友達_f0050534_73134100.jpg


ノーザンテリトリー 洪水のガンバレルハイウェイ
長い友達_f0050534_7395688.jpg

ニューサウスウェルズ 嵐の到来
NikonF2 Nikor28mm FUJI FILM RDP

XL600RMG今迄で一番長い付き合いのオートバイ、そして一番一緒に大変な思いをしたオートバイでもある。1988年シドニーのバイク屋さんでご対面。オーストラリア一周ツーリングに行く相棒としてこのバイクを選んだというか選択の余地は無かった。
 条件がオフロードバイク、空冷エンジン、単気筒エンジン、排気量は600~750cc、そしてホンダであることそれを考慮するとこのバイクしかなかった。砂漠を走るのでオフロードバイクでないと不可能だったし、空冷単気筒は故障も少なく、自分である程度メンテナンスが出来る、そしてラジエーターがないので転倒しても水漏れなどの致命的なダメージが少ない(当たり前だが砂漠にはJAFなどはないです)そして長距離を走ることと、オーストラリアのハイウェイを走る長さ60メートルのロードと連を余裕で抜けることで大排気量にした。そしてホンダ製ブランド。これはとても大事で世界のどんな辺境でもホンダパーツは手に入るし、スーパーカブ以来ホンダのエンジンの耐久性の信頼が絶対なのでそのブランド力を信頼して選んだ。


でも日本では600ccのオフロードバイクなんて乗ったことなかったので最初の数日は慣れるまで大変だった。でも自分で気に入って妥協せずに買ったのでとても気に入り、苦難をともにしたせいもあり今でも大事に乗り続けている。そして自分の生活趣味行動様式にぴったりなのでこのバイクを乗り続けている。いままで乗ったバイクもそうだし、今乗っているバイクもそうですが自分の生活価値観にあったから買う。その代わり妥協せづに気に入ったものを買う。ただしとことん乗りつぶすまで乗り込みます。いままでの一番長く乗ったバイクは鈴木のGS400で12万キロ(その時点であえなく我が家に庭先から盗まれて見つからずじまい、今でも悔しいです。)他のバイクも最低でも6~8万キロぐらい乗ります。車も最低でも10万キロ乗ってから処分します(タクシーやトラックのドライバーが見たら笑ってしまう距離ですが)道具は使って何ぼ、大事に使いつぶして何ぼと思っていますし、そのためには自分が気に入った商品、ブランドは大事だと思います。たから流行りだからこのブランド。見栄でこのブランドと言うのは嫌いです。



今もう1台のオフロードバイクはBMW1150GSに乗っています。これも別にBMWというブランドにあこがれて買ったわけでもなく、XL600と同じで、長距離を荷物を積んで、しかも時にはスーツもつめるようなケースもつけられ、道と天候に左右されず、かつ高速道路は速く田舎道はのんびり景色を見ながら走れる丈夫なバイクで選んだ結果BMWになりました。だけど買う前にはそれなりにBMWに歴史や車種に興味もありました。だからBMWのバイに乗っていると四輪車のBMWの人から「えーBMWバイク作っているの?」とかいわれると結構悲しいです。取り合え自分の好きな特に車とかバイク屋カメラとか嗜好品はそれなりにほれ込んで買っていただきたいと思う。高いから買う、有名だから買うというのは作った人に申し訳ないと思います。単にブランド名だけ、高いからとか有名だからで買うのは何か悲しいです。それは吹くとか小物のブランドも同じだと思います。




 ただブランド商品が嫌いとか否定はしません。物は確かによいと思います。でもブランドだけに頼りすぎると人間悲しいです。ブランド商品はお寿司のワサビみたいな役割だと思います。ネタとシャリをつないで引き立てる、ブランドもそうですその人を引き立てる隠れたワサビなのですが、なぜかワサビだけが最高級品でネタとシャリがそこそこか最低では仕方が無いと思うのですが、世の中洋服、小物、車に、バイクにカメラもそうですがブランドのおんぶにだっこの人が多いのが悲しいです。ブランドのあった品格を持っていただければなあと思います。お願いだからシャネルを持ってパチンコに行ったり、メルセデスに乗って窓からゴミをすてたり、ハッセルブラッドで撮影禁止のものを撮影したりしないでいただきたいと思うのですがいかがでしょうか?XL600の話から脱線してしまいましたが、自分の趣味のもの嗜好品にはぜひ品格と思い入れ、そして使い込む愛情を持っていただければと思います。

一部映像が古いため見ずらて申し訳ありません

何か感じていただければクリックお願いいたします



by masabike | 2007-08-26 07:34 | Motor Bike | Comments(0)
<< 決戦前夜 本郷 東大 >>