鹿の湯 キャンプ場

f0050534_9355015.jpg
f0050534_936631.jpg

f0050534_9385597.jpg



鹿の湯キャンプ場は然別湖の更にもう一つ奥の山にある。深山幽閉。コロポックルが出てきそうな感じ。一度泊まりたかったキャンプ場。テント一人で200円。トイレもしっかりしている。何よりもここは「気」がいい。「オーラの泉」の江原さんだったらなんていうだろうか?

お湯は熱からずぬるからず。1時間ぐらい入ってしまった。お風呂から見る渓谷もきれいです。
ここで何人かのライダーにあった。皆名前も何も知らない。でも挨拶し、打ち解けて飲んだり、いっしょに飯食ったりお風呂に入ったり。肩書きも何処の誰だか一切関係ない。これが旅の楽しさだと思う。たまにキャンプ場ですぐ名刺を出す人がいる。あんまり無粋なまねはしたくない。いぜんある旅を考える会に出たことがある。でも皆旅ではなくたんに休暇でグルメーツアーの集まりだった。だれも長期にバックパックかついでその日暮らしの旅をしたことがなかった。

そしてキャンプの翌日、朝皆「またいつかどこかで」を合言葉にバイクに打ちまたがり消えていく。
f0050534_9365121.jpg
f0050534_9371323.jpg

キャンプの夕飯。定番はお酒。もちろんオーストラリアワイン。観光局のみなさ~ん浮気せずにしっかりオージーワイン飲んでますよ。それからサンマ蒲焼とシーチキン。これが僕の日本のキャンプの定番です。暮れ行く空をもう一品のおかずにワインでちびりちびり。そして風の音を聞く。また北海道に来なくてはと思ってしまう。

by masabike | 2007-08-03 09:51 | Motor Bike | Comments(4)
Commented by Pombo_Brasil at 2007-08-03 13:49
うーん、いいですねぇっ!
忘れかけていた日々を思い出してしまいました。
えーい、嫁も子供も忘れて・・・笑。

ちなみに、私はサバ缶派です。
Commented by NATUREA at 2007-08-03 15:44 x
おお~~っ♪ 良いところですねぇ♪
私もパジェロ単独旅行したときは、タダの独りの男として旅行していました。
楽しかったです。。。^^

私もサバの水煮が常備食でした(汗)
Commented by masabike at 2007-08-04 18:56
pombo-brasilさんへ
嫁も子供も忘れて来てください。お待ちしています。なんとなくサバカン苦手でして・・・。
Commented by masabike at 2007-08-04 18:57
NATUREAさんへ
NATUREAさんもサバカン派ですか。う~ん練習してみようかな・・。
<< 今日からモンベルクラブ渋谷で写真展 さらなるライダーズハイそして温... >>