?十回目の誕生日に思う、ブレッソン写真展


f0050534_6492662.jpg


写真ブレッソン写真展図録

おとといアンリ=カルティエブレッソンの写真展のオープニングに行ってきた。東京竹橋の国立近代美術館で行われている写真展、行ってびっくり出した。作品点数の多さ。約300点のブレッソンの作品がびっしりと並んでいました。なかにはビンテージプリントと呼ばれブレッソン自らがプリントした戦前のオリジナルプリントも見れました。それと彼の2回の日本取材で撮影した戦後の成長期の活気ある日本の姿も見れました。でも一番ビックリしたのは彼が俳優として映画に出演していたことです。彼が出演した2作の映画の宣伝写真を展示してありました。かなりハンサムでした。最後に一緒に行った知り合いの学芸員のかたから今回の図録を頂戴したのですが、素晴らしい図録でよいバースデイプレゼントとなりました(本日6月20日誕生日なものでポリポリです)

東京にいるととても恵まれていると思う。最近とても良い写真展を続けてみることが出来た。グレゴリー・コルベール氏、エリオットアーウィット氏、そして今回のブレッソン氏。いながらにして世界の名作を見ることが出来る。(それはよくタスマニアにいるsomashionaのマナブさんも言っている)写真をやる者にとってはとても夢見たいな機会だしいい勉強にもなる。そしてこの数ヶ月他にもよい写真展をたくさん見ることが出来た。山形酒田で拝見した土門拳氏の「古寺巡礼」島根で拝見した植田正治氏の「アマチュア諸君」並河萬里氏「シルクロード」などなどすごくいい体験をこの数ヶ月出来た。



数々の写真展によりとても自分の感性と目に写真の栄養剤をたくさんいただいたみたいだが、困ったこともおきた。撮影時間が足りない。今、今後自分が撮りたいものを考えるとあと100年ぐらいかかりそう。クローンを作らなくてはと真剣に考えてしまった。

さらに最近いろいろな人の影響をブログを通じて受けた。SUDIさんやNATUREAさんやそしてブログをやることのきっかけになったeri_airさん。みんな普段の日常か日常の延長上を撮影している。この数年オーストラリアから撮影で戻り、普段の何か撮影したいと思ったけどそれをどうするかどこで見せるかが悩んでいた。またオーストラリアでポートレイトスナップを撮影してどこで発表しようかとも悩んでいた。
それも全てeri_airさんからのアドバイスでブログを始めたことでだいぶ解決したのと、彼女、彼らたちの作品を拝見していると普段の日常に眼を向けることの大切さと楽しさを改めて再確認できた。おかげでいまや自分に家の庭、ご近所、東京の下町、オーストラリアでのパブ、全てが楽しい撮影の場所となった。ともかく撮っていて楽しさは100倍ぐらいアップしている。デジタル、ポジ、モノクロ、35mm ,6X7 ,6X6とドンドン撮影スタイルは拡大している。撮れば撮るほど楽しくなる。やばい病気みたいだ。昔は何年も撮影したらテーマーや対象がなくなったらどうしようと考えていたがそんな危惧はいらない感じだ。たぶん人生最後に棺おけに入るときに、中から見た最後にお別れに来た人の顔と言うのを撮影してしまいそうだ。

写真展の期間中は多くの方にお会いするので家に帰ってもテンションがあがりっぱなしになるので、かえったらなるべくいい音楽をきいてゆっくりお気に入りの写真集を見てごろごろする。最近はNASAの宇宙飛行士がとったFULL MOON.。数年前に買ったが忙しいとき、広い視点で見たいときによくこの写真集を夜中に見る。音楽は白鳥英美子か3大テノールコンサート、もしくはキャスリンジェンキンスのオペラを聴いている。それで夜中にお茶かオチャケを飲みながら見ていると至福のときを感じつつも時たま、「オー、次の撮影は月だ、クレーター越しの地球の姿」なんて想像すると眠れなくなってしまう。支離滅裂な話になってしまったが結局は写真を撮ることがより楽しくなってきたことと人生時間が足りないことを最近の写真展、写真集、ブログの写真を見ると実感したことが一番言いたかったです。きっと次も生まれ変わったらカメラマンになろうと思う何十回目かの誕生日です。
<ブログ原稿は昨日UPする予定でしたが帰ってきて寝てしまい6時間遅れでUPしました)

なにかお感じいただけましたらクリックお願いいたします

by masabike | 2007-06-21 06:50 | 写真展 | Comments(11)
Commented by somashiona at 2007-06-21 08:24
相原さん、誕生日おめでとうございます。
たしかに世の中、撮りたいもので溢れてますね。
相原さんなら棺桶の中からでもきっと撮るでしょう。
しかも銀塩で。
相原さんが撮れば地上にあるものはすべて地球のポートレイトになります。
これからも素晴らしい作品を生み続けてください。
(ブレッソン、うらやまし)
Commented by csunyan2 at 2007-06-21 11:17
A Happy Birthday!
自分は相原さんの写真や、皆さんのブログを通じて、毎日感化されっぱなしです。
>全てが楽しい撮影の場所となった。ともかく撮っていて楽しさは100倍ぐらいアップしている。
その楽しさが、写真を通じて、びんびん伝わってきて、自分の糧となっています。
これからも交通事故、水没、ワニ・・・・数え上げたらきりがない危険を乗り越えて、どんどん影響を与え続けてください!
Commented by aricom at 2007-06-21 14:23
こにゃにゃちは~!
おめでとございます!!
ブレッソンはPENの特集でも読みました・・・・
インドの写真集が思った程でなかったので(期待が大きすぎた?)、ちょっとガッカリしています。
Commented by photo_artisan at 2007-06-21 21:42
誕生日、おめでとうございます!!

ブレッソンの写真展は必ず行きます。
が、暫く先の話です(笑)
会期が長いから助かります(^^ゞ
Commented by HAL at 2007-06-21 23:44 x
こんばんは。
誕生日おめでとうございます♪
週末に何とか時間を作ってグレゴリー・コルベール氏の写真展に行こうと思っているとこです。
Commented by green at 2007-06-22 00:03 x
masabikeさま。
お誕生日おめでとうございます。
私も相原さんと同じ6月生まれで何だか嬉しいです。
もうすぐお会いできますね楽しみに待っています。

Commented by masabike at 2007-06-22 08:19
まなぶさんへ
ブレッソンよかったですよ、でも見るのに凄く体力が要ります
Commented by masabike at 2007-06-22 08:20
csunyan2さんへ
危険は沢山ありますので、大変です。でも前回みたいに駐車場でころんで捻挫もありますので怖いです
Commented by masabike at 2007-06-22 08:21
photo-artisanさんへ
ありがとうございます多分後半夏休みで混みます、早目がいいと思います
Commented by masabike at 2007-06-22 08:22
HALさんへ
グレゴリーも混んでいます、午前中が狙い目です<大変ですが)
Commented by masabike at 2007-06-22 08:22
greenさんへ
ありがとうございます。久しぶりの四国です。ワクワクです。
<< 大山快走 写真展巡礼ツーリング 写真展ラッシュ毎月写真展 >>