日曜日の黄昏 デュッセルドルフ

日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_20433138.jpg




日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_2047037.jpg




日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_20495531.jpg




日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_2045148.jpg




日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_20455117.jpg





日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_20474469.jpg




日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_20482217.jpg




日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_20484142.jpg




日曜日の黄昏 デュッセルドルフ_f0050534_20521159.jpg


アーヘンから戻ると日曜も終わりに近づいてきた。初めての異国の土地、誰も知り合いがいない、そしてドイツ語がわからない。そして写真のワールドカップ フォトキナはあと2日後に迫っている。どうせホテルにいても仕方が無いのでカメラを持って町に繰り出す。日曜日の夕方。ホテルの前の運河?もたそがれている。小さなブティックを見たりしてプラプラ。

でも腹減ったのと疲れて甘いものが食べたいな、と思ったらケーキ屋さん。ホールは食べられないので写真だけ。このあとカットしたのをたべたらGoodでした。

日没間際ライン川に行く。歴史を作り歴史を流した川。家族連れ、カップル、そして僕みたいな旅行者が沢山くつろいでいる。モノクロも撮りながらクラッセの広告用にクラッセ+プロビア400X でも撮影。気がつくと自分もここのラインの空気に染まっていた。

抱擁するカップルの向こうに日が沈む。そして明日また日が昇る。2日後の日が昇ったら、ケルンで僕の写真のワールドカップがはじまる。気持ちが昂ぶる。そうだ自分は昔の人がマンモスを追いかけて大陸を旅したように自分は光と時を追いかけて大陸を旅しているんだ、だからここも明日の朝日が昇るころには自分の住処としてなじんでいるだろうと、ようようとしてビアホールに向かった。日曜の夕方6時半、ついつい「サザエさん」のテーマソング”お魚加えたドラ猫”と歌いながら歩いてしまった。  
Nikon F2 Nikor 28mm  Zeiss 50mm ACROS

by masabike | 2007-04-23 21:07 | ドイツモノクロ | Comments(6)
Commented by green at 2007-04-23 22:17 x
masabikeさま。
お写真もmasabikeさまもかっこいぃ~。
Commented by photo_ehime at 2007-04-23 22:40
一人旅は気軽でいい。
けど、夕食からは、けっこう辛い。
サザエさん歌いたい気持ち少し分かります。
しばらく同じ街に泊まっていると、行きつけの飲み屋ができる。
で、いつもそこで飲んで・・・
日付が変わる頃まで飲んで・・・

それが続くと
ホテルに帰ると、ドアボーイの挨拶が変わる。

グッモーニーング

ここまでくると、街になじんできた実感です(笑)
くだらないこと書いてすみませんでした。
Commented by masabike at 2007-04-24 08:12
greenさんへ
ありがとうございます。でも本物に会うとがっかりするかもしれないのであまりイメージ膨らまさないで下さいね(笑)
Commented by masabike at 2007-04-24 08:13
photo-ehimeさんへ
いいですねホテルや地元のパブのひとと、グッドモーニングーとかグッドナイトといわれるとあー自分もここの空気に一部になれたかなと思います
Commented by cyobi30 at 2007-04-24 08:27
スイーツは出来ればカラーで見たかった(笑
カップルのこんな自然な姿はいいですね 外国人ならでは
日本人がやると似合わないのは な~ぜ~(^^;)

日が昇ってる裏側では日が沈んで・・地球は明日への追いかけっこですね
光と時を追いかけて大陸を旅しているんだ← 終わりのない旅、そして、その記録を
世界の人々に見せてくれるお仕事 尊敬します。
いつでも心が満たされて 良いフォトが撮れますように・・・。

※日曜日の夕方=サザエさん♪  凄くわかります(笑
Commented by masabike at 2007-04-25 08:51
cyobi30さんへ
なぜか外国人がこのようなシーンをしても違和感が無いですが日本人は不思議と違和感があることに同感です。何ででしょうね?スイーツ次回はカラーにいたします。
<< ビール魂 デュッセルドルフ アーヘンの大聖堂 >>