Darwin Day7そろそろ旅立ち

相変わらずの横殴りの雨。明日の朝カカドゥの撮影をキャンセルして大陸縦断に4WDで向かう。雨の中スナップ撮りながらの買出し
f0050534_1665696.jpg



f0050534_16841.jpg




f0050534_1695794.jpg



ホテルの部屋も雨漏りしています。外も中も雨だらけ。
f0050534_16105221.jpg

こちらではかなりの人がエコバックを持って買い物に行く。ぼくもスーパーでエコバックを買い持ち歩いている。約100円で頑丈。見た目も鮮やか。日本でも持ち歩いている。見かけたときはお声を掛けてください。決して石を投げたりエサを与えないでください。日曜日のスーパーやネットカフェに行くとつくづくオーストラリアが多民族国家だと認識します。今ネットカフェで僕の周りに6人座っていますがみんな肌の色も民族も異なります。スーパーでもアジア、中東、そのた見たこともない食材も売っています。ここでは隣の人は違う言語違う習慣は当たり前、みんななんとか共存しようとしています。そんなときに写真は便利です。まだ英語がよくできなかったころ
(今でもたいして話せません。勉強します)写真を見せるだけで片言の会話で場が盛り上がってホッとした思いが多いです。昨年もドイツに行ったとき恥ずかしながら一言もドイツ語はできなかったのですが。列車の中で写真をとっているとドイツ人のおじいちゃんに片言の英語で「カメラマンなのか」と聞かれたのでポートフォリオを見せるとそれまで「ほらまた日本人写真とってるよ」という目だったのが、一気に撮った写真を元に片言のみんな英語で車内が盛り上がり不安いっぱいだったドイツ初日が八ポーになったという思い出があります。本当に外国に来ると写真と音楽には言葉が要らないということが実感します。自分自身がタスマニアで開催した写真展でも世界中の大陸からありとあらゆる人種の方がご覧になり喜んでいただいたとき写真をやっていてつくづくよかったと思いました。でも最初は自分のとった作品はいったい誰が見てくれるのだろうという不安でいっぱいでした。自分の作品に自信はありました。でもまだ駆け出しの雇われカメラマン。世の中はバブル真っ最中。普段の生活のために不動産の仲介物件の撮影をしていました。ギャラは1カット1000円から高くて3000円。1日7件ぐらい多いと10件ぐらい。さらに再撮影もくらいます。文句を言いたくても文句は言えません。言ったら「いいよ君の代わりは沢山いるから」という答えが返ってきます。そして写真はヘアヌード写真ブーム。よく「こんな砂漠やジャングルの写真とってどうするの?だれが見るの?悪いこと言わないからほかのテーマかヌードにしなさい」とよく言われましたが、自分の運を信じてみました。ほかを撮る気がなかったというよりも、ぶきっちょなので他が撮れなかったというべきかもしれません。でも写真が好きでした。そして毎日思うことが「ひょっとして今日撮影に行ったら人生最高の1枚が撮れるかも知れない、人生が変えられる1枚が撮れるかも知れない」。1秒後は誰もわからないのです。写真家は光と時間のスナイパーだと思います。ですから常に未来に期待しています。そして未来の戦いのために刀と技と感性は研いで起きます。チャンスは1秒後かもしれないし、3日後かもしれないし、10年後かもしれないので。でも自分の意思でシャッターが切れることは人生の喜びです。明日から研いだ光を切り取る刀を持って再び砂漠に行きます。次のオーストラリアの大地の神様の与えてくれるチャンスを求めて。(ちなみに今でも不動産の撮影はしています。皆さんのごらんになっている新聞広告やチラシの中に僕の撮影した作品が入っています。今でも不動産の広告を撮るのは好きですし、自分の撮った写真が引き金になって人生最大の買い物をしていただけることで別の意味でプロカメラマンとしての誇りを感じます)

ご覧の皆様へ 今回は重いすこし愚痴っぽい話になってごめんなさい。またブログお立ち寄りください。お願いしますね!
by masabike | 2007-03-04 16:52 | アウトバック | Comments(9)
Commented by futen at 2007-03-04 17:28 x
私の学校ブログを写真ランキングに移動しました。
しばらく生徒がよく見るようになると思いますので、よろしくお願いします。
テキストもいい勉強になると思います。
ちょっと前に、オーストラリアは多文化主義の国と教えてました。
また何かそれに関することありましたら、お願いします。

Commented by csunyan2 at 2007-03-05 00:33
はじめまして、最近このブログを見つけて一人でエキサイト!
実はメルボルンに住む共通のお友達から相原さんのお名前を聞いたのが2ヶ月ほど前。
ブログをブラウズしてあれ?この記事・・・もしやと思って引っ張り出してきたら、やっぱり、オーストラリアに帰国の際、空港で購入したCapaにのっていました。
ブログでの本文、そして写真、強烈です!
特に面白いのは食事の質のアップダウン!
体力勝負の撮影旅行、良く食べ、体力アップをはかってください。
ブログランキング一位おめでとうございます。
影ながら応援しています!!!!!
Commented at 2007-03-05 00:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masabike at 2007-03-05 09:13
futenさんへ
学校は愛媛県ですよね?父の実家が徳島なので四国はよく行きます。いつか学校でスライド&トークショウやってみたいですね!!
Commented by futen at 2007-03-05 10:00 x
はい、愛媛です。
毎年、いろいろな方招いて講演会開いています。
来ていただけるのであれば、ぜひお願いしたい思います。
ただ、予算が・・・
交通費込みで10万円程度しかないので、
オーストラリアからお呼びするには、さびしい限りです。

係りが私になっているので、四国に来るとき、ご連絡ください。
ぜひ、実現させたいものです。
Commented by あんちゃん at 2007-03-05 19:42 x
エコバッグは日本でもしっかり浸透してほしいですね♪
Commented by Pombo_Brasil at 2007-03-06 17:34
>写真家は光と時間のスナイパーだと思います。

似たような事を思ったことがありました。もちろん相原さんとはレベルが違いますが(笑)。
トラックバックさせていただきました。よろしくお願いします。

一週間後、お元気なお声がブログで伺えることを願っています。
Commented by Shinobu at 2007-03-06 23:03 x
重いどころか愚痴どころか読んで勇気が湧いてきました。
私も頑張ります!
Commented by masabike at 2007-03-08 16:54
Pombo-Brasilさんへ
今日もたくさん狙撃してきました。多分みんなカメラマンはそう思う人だと思います
<< 出発します! Darwin Day 7 Mo... >>