旅の始まり戦闘開始

f0050534_17562957.jpg

いよいよ明日から北海道のトークショウと写真展。その間にS5とクラッセとペンタックス645で撮影をしようと思っている。
北海道から帰京後すぐにオーストラリアの荒野(アウトバック)に行かなくてはならないので今から頭と体を戦闘撮影モードに切り替えていかないと間に合わなくなる。大陸ではメンタリティーの勝負。日本のコマーシャルの撮影でもいつも全力だけど豪州では体と心の全エネルギーを振り絞って撮影する。帰ってきたら(帰ってこれたら)抜け殻状態。まずはそのために装備の点検メンテナンス。今日はワークブーツにミンクオイルを塗った。布やスプレーは使わない。手にオイルを付け、体温で暖め手でじかにブーツに塗りこむ。そうすると体温でよくブーツの革にオイルがしみこむ。いつもバイク用のブーツも登山靴もそうしている。そうするとどれも10年近く持つ、あるいはそれ以上持つ。全ての道具は体の一部であり、旅の友だから優しく大事に扱う。でも大変な状況ではものすごく酷使する。だからその分優しく大事に扱う。このブーツのメンテナンス方法は中学校のとき初めて登山靴を買ったときに教えてもらった。ちょうど鶴見のIBS石井スポーツに叔母から紹介され社長さんでもあり靴職人さんでもある方から教えていただいた。「革は生き物だから人の体温で暖めて優しく塗れば一生登山靴は使えるよ」と教えていただいた。そして満足のいくものいいものを買って長く使っていくという事を旅の間に多くの人と自然から教えてもらった。使い捨て、流行先行の現代。一つのものを10年20年使っていくことをもう一度考えて生きたい。20年後僕のNikonF2は動いて現役だと思う。だがそのとき今第一線のプロ用デジタルカメラがどれだけ生き残っているのかは定かでない。

もし何か感じていただければランキングクリックしていただければありがたいです。うちのブーツも喜びます。
by masabike | 2007-02-11 18:11 | | Comments(4)
Commented by atalig at 2007-02-12 00:00
同感です。僕も気に入った物を長く使うのが好きです。この前車雑誌を読んでいたら、スウェーデンと日本のボルボの使用年数比較が載っていました。スウェーデンの平均使用年数20.3年に対して、日本は6.3年だそうです。なんと1/3以下なんですね。因みに、うちの車は今年15歳になります。あと5年は乗れるな。
Commented by 激動の at 2007-02-12 09:56 x
北海道のトークショウ&写真展楽しみにしています!
前回の2003年9月以来のフジサロン、また現地のおはなし等楽しみにしています!
Commented by masabike at 2007-02-13 23:53
激動さんへ
無事釧路、帯広でのトークショウも終わりました。いよいよ明日は苫小牧。そして札幌へ乗り込みます。よりパワーアップ(体重もアップしそうですが)してます。お楽しみにしてください。
Commented by masabike at 2007-02-14 00:04
ataligさんへ
うちは何かと物持ちがよくニコンF230年、XL60019年、その他もろもろ長いです。今住んでいる家は築60年うちの祖父が建ててくれました。長く使うと愛着がわき更に大事に長く使える気がするのですが???    
<< FUJI FILM S5撮りお... 更にニューウェポン??FUJI... >>