Katachi Kabu  視点のスランプ



Katachi Kabu  視点のスランプ_f0050534_07094786.jpg


FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF120mm  Macro

野菜のモデルを探すとき、意外と地方の産直販売店あるいはローカルスーパーの方が、被写体になりやすい野菜がある。都内のスーパーは形が整いすぎている

自分の家の中でも撮影していると2時間3時間はあっという間に過ぎていく。

写真はいつでもどこでも楽しめるもの。これしか撮らないは、これしか撮れない人になってしまい、視点の引き出しが少なくなり、スランプに陥りやすい

スランプに陥らないためにも、視点の引き出しはたくさん設けるべき





相原正明撮りおろしのkoji note From OITA 相原正明 フォトエッセイ  ぜひお楽しみください





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2024-03-11 07:14 | Katachi | Comments(0)
<< ターニングポイント Adobe... Katachi Kabu >>