湖水朝霧図 FUJIFILM X Series facebookより


湖水朝霧図 FUJIFILM X Series facebookより_f0050534_10045509.jpg

【和の「写心」By Masaaki Aihara】
「湖水朝霧図」北海道 夕張市 シューパロ湖
FUJIFILM GFX100S + FUJINON GF45-100mmF4 R LM OIS WR




昔、高校生時代に夕張に撮影に行った。目的は鉄道写真。当時、国鉄の最後のSL(蒸気機関車)運転が夕張線であり、その雄姿を撮影するために訪れていた。SLのディテールと、雄大な北海道の風景を生かすために当時から67版のフィルムカメラを使っていた。高校生には非常に高嶺の花だった。今に例えるなら高校生がGFX100Sを買うような、もしかしたらそれ以上だったかもしれない。購入資金は郵便トラックの助手のバイトをして貯めた。新品の67版は買えなかったので、中古品を購入。新品より確か3割ぐらい安かった。それでも20万円近くした。カメラ店の人に「高校生がどうしてプロ用のカメラ買うの?」と聞かれたので「将来、プロになって写真展をするときにフィルムサイズが大きくないと綺麗にプリントできないから」と答えると「プロの写真家なんてなれないから趣味にしなさい」と笑われた。当時、僕は大人からこのような言葉を何度もかけられていた。でもまずは機材を揃える気持ちがプロになる大切な第1歩だと考えていた。今でもそれは間違っていなかったと確信している。そして大伸ばしでプリントして、どうやって写真展をするか、いつも頭の中でシミュレーションしていた。




この秋、約40年ぶりに夕張の地に立った時、まるで昨日のように撮影していた自分の姿がフラッシュバックしてきた。だがこの朝はそんな感傷に浸っている時間はなかった。湖面を渡る霧が、天駆ける龍のように変化し、立ち枯れの木々とダンスをする。目が離せない状況。そしてこの朝も写真展で大伸ばしするにはどこをポイントとして狙うかを考えた。着目点は画面左の霧から浮かぶ1本の立ち枯れの樹。この樹が霧に隠れそうで隠れず、シルエットとなるタイミングを狙う。とても小さなポイントだが、写真展でメイン作品として2メートルぐらいの巨大プリントにした時、アイキャッチとなるはずだ。大きな風景は大きなプリントにするべし。これが僕の持論だ。
そして大きな風景を使った大きなプリントを作る際は、視点が細部まで行き渡るように撮影することが求められる。以前ある有名美術館が、1点5mクラスの大型絵画展というのを催していた。その時に館長さんから「大きな絵が描ける人は小さな絵も描ける。でも逆は不可能。そして大きな絵は細部までの観察と描写が求められるので、画家の視点と描く体力が試される」と言われた。写真も同じである。




今まで、僕のプリントの最大サイズは、2006年、ドイツのフォトキナの富士フイルムブースでの5mの掛け軸風プリント。それは世界中のお客様の度肝を抜いただろう。そして今、写真展での超大型プリントにおいてGFX100Sは絶対的なアドバンテージを誇る。だが小さいプリントでは駄目なのかというと、その答えはNOである。以前、個展でGFX 50Sの作品を半切サイズにプリントしたことがある。それでも明らかに他のカメラで撮影した作品とは異なる遠近感、空気感を醸し出した。仮に高速道路で100km/hで走行する場合、軽自動車の100km/hと3Lのスポーツカーの同じ速度では、明らかに後者の方が余裕の運転感覚となる。フルパワーを発揮するサーキットでなくても、その差は明確。カメラも同じだ。余裕の画素数は、幅広いダイナミックレンジ、霧や雨などの被写体とレンズの間に漂う空気感、奥行き感の再現に絶大なるポテンシャルを発揮する。GFX100Sを使い始めてから気が付くと、無意識に霧や雨などの空気中のH2Oを感じさせるシーンを狙っていた。日本はその湿潤な気候から、「しずくの国」だと思う。是非とも「しずくの国」を表現できるオンリーワンの存在ともいえるGFX100S、これを使って大型作品の風景写真プリントに挑んでほしい。GFX系の大型プリント作品はクリエイトをはじめとするプロラボが大きな助けになってくれるはずだ。来たるべき2022年、僕はGFX系による大型プリント元年にしたい。
追申:高校時代に67判カメラで撮った写真は、大学生になり全紙でプリントして鉄道グループ写真展を行い、圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれた。そのフィルムとプリントを今でも大事に保存しているのは言うまでもない。
Photography by Masaaki Aihara



相原正明撮りおろしのいいちこでおなじみの三和酒類様 koji note From OITA 大分の光と風と水をお見せします





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2021-12-03 10:05 | 日本風景 | Comments(0)
<< 森との会話 冬将軍来る 妙高高原 >>