カメラに求めるもの

カメラに求めるもの_f0050534_14014587.jpg


FUJIFILM GFX50R+FUJINON GF32-64mm
西オーストラリア ノースマン

撮影協力 カンタス航空



どんなカメラが良いですか?という質問をいただく
100人写真家がいたら100通りの答えがあるかもしれない

その理由は自分の道を託す相棒であり体の一部だから


僕がカメラに求めるのは2つ。確実に作動して確実に自分の求める世界の色と光が撮れること。 2つ目はカメラの存在を忘れさせてくれるぐらい体の一部になり、操作が水が山の頂から大海に注ぐかのようによどみなくスムーズにいくこと。


これは画素が云々、連写は秒何コマ タイムラグが何秒とは異なる話

これがクリアーできないカメラは砂漠に埋めてきたくなる。でも今まで埋めてきたカメラはない。なぜなら災いとなる因子を持つカメラは持っていかない、選択しないからだ


できれば下の「人気ブログランキング」をポチしてください
ランクキングのポイントが上がります
別に課金されたり、何か請求が来たり エキサイトから広告が来たりするわけではありません。単に僕のサイトに何人来たかのポイントがランキングに加算されるだけです
ご安心を。ポチしても僕がお家や職場にお伺いすることもありません

おだてられるとたくさん撮ります 笑

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね








by masabike | 2021-03-31 14:07 | アウトバック | Comments(0)
<< 春暁古桜図 奈良 旬は心の中にある >>