被写体と対峙 又兵衛桜

被写体と対峙 又兵衛桜_f0050534_20491716.jpg
FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF100-200mm

フィルム時代から変わらず表現の最優先にしていることは、被写体とレンズの間にあるサムシングエルスを如何に見つけ、それを捕捉し、そして自分の世界観で表現する。そのために必要な機材を選択する。カメラはそのための道具。なので最善の道具が見つかればそれにシフトしていく。得にデジタルは絵作りがカメラ次第なので、フィルムカメラのように最新のフィルムあるいはお気にいりのフィルムさえ入れればいつでも自分の世界になるとは限らない

だから常に、最新で最善を尽くしていきたい。あくまで何度も言うが「カメラは絵を作るための道具」だから

なので申し訳ないのだけど、クラシックレンズを楽しむ嗜好は僕にはない。よくFUJI XシリーズにXXXX年製のXXレンズをつけるとどうですか?とか,Nikon Dfにオールドレンズをつけて味わい楽しんでみませんかと言われるがまるでその趣味がない。あくまで自分が狙う光と影が、最高の状態でほしいだけ

そして最高の状態で撮影に臨むためには集中力が大切。どれだけの時間 集中力がもつか? いつも挑戦だ。だから撮影中は別人格になる。攻撃的で わがままで 絵造りしか見えていない。撮るためならばどんな犠牲でも払うつもり。最高の1枚を撮るためなら、カメラ1台をつぶしてもよいと考えている。近寄ると危険。でも自分の表現をするために撮影に来ている。目立つためでもパフォーマンスでもない。撮るために来ている。
そして撮影は被写体の意思が憑依して撮影していると言っても過言ではない。又兵衛桜なら桜 砂漠なら大地 、僕の体と眼を貸して表現してもらっている。その時は僕は単なる媒体

なので撮影現場ではそっとしておいてほしい


できれば下の「人気ブログランキング」をポチしてください
ランクキングのポイントが上がります
別に課金されたり、何か請求が来たり エキサイトから広告が来たりするわけではありません。単に僕のサイトに何人来たかのポイントがランキングに加算されるだけです
ご安心を。ポチしても僕がお家や職場にお伺いすることもありません

おだてられるとたくさん撮ります 笑

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね







by masabike | 2021-03-27 21:03 | 日本風景 | Comments(0)
<< 通い桜 桜 Blaxk&White >>