命のお願い

命のお願い_f0050534_12070623.jpg

北海道 南富良野

皆様へ
いつもブログご覧いただきありがとうございます

コロナウイルスだんだんひどくなってきました。医療崩壊1歩手前でだそうです。昨晩深夜から今朝までに、僕のfacebookに3つの記事のシェアをしました。いずれも知り合い、並びに知り合いのコロナ感染症従事者の方からのメッセージです。facebook見れない方のためにUPします
かなりきつい言葉もあるかもしれませんが真実だと思います


そして最後に僕からのお願いもあります。もしかしたら僕自身のSNSが炎上するかもしれないぐらいきつい言葉です
でもオーストラリアの荒野で30年以上撮影してきました。それは危機管理との戦いであり、数々のアクシデントや病気 奥地の見えないウイルスとの自己管理とのレ市でもありました。32年間 無事にオーストラリアの奥地で撮影ができたのも、臆病かなと思えるぐらいの危機管理と自己管理でした それを踏まえて3つのメッセージご紹介します


その1 恭子さん 東京在住

切実なる願いが来たので、書かせて下さい。
 
 
きょうこさま

こんばんは

医師である兄、女医である姪(姉の娘)、研修医である息子も不眠不休で今最前線で闘ってます

姉から、拡散してほしいとラインがきまして、拡散していただけませんでしょうか

お願いいたします。

今、東京の総合病院で働いていますが、この数日でコロナウイルス感染症の患者さんが急増しています。
私の病院のコロナ病床は満床になりました。
重症者もいます。
現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています。

正直、報道よりも一般のみなさんが思っているよりも、現実は非常に厳しいです。
近い将来、本来助けられるはずの命が助けられなくなる事態になりそうだと感じています。
今まで、どんな人でも少しでも生きたいという思いがあるのなら、全力で命を助ける医療をやってきました。
でも、このまま感染が拡大すれば、「助ける命を選択する医療」にシフトしなければならなくなります。
本当に悲しい。

だから、外出を控えてください、人と会わないでください。
感染を食い止める方法はこれしかありません。
生きていくための最低限の外出だけにしてください。
このメッセージを出来る限りの家族や友人にシェアしてください。
時間がもうありません。
よろしくお願いします。

女医の姪は妊娠中ですが、休むこともできずにおります

よろしくお願い致します


その2みゆきさん 東京 メディア系


フランスにいる友人より、悲しい現実が…
元気な人でも、コロナにかかってしまったら、あっと言う間に逝ってしまうことも。
熱が下がったからって、回復に向かってるとは限らないと言うこのを。
——————————————
友人の友人が犠牲者に😭

頻繁に連絡を取っている友人から連絡があり
今日友人がコロナの犠牲になったとのことでした

10日前に高熱を出したものの
3日前に電話で話をしていた時には
熱もひいたし咳だけはしてるけどヤマを越えたと思うと
安堵していたところだったようです

2日前に状態が急変し呼吸困難に陥り
急遽入院することになってそのまま逝ってしまいました

いつ誰がどこでうつるか分からないウイルス
若いからって重症化しない保証はどこにもない
16歳の子供がいる健康な45歳の人でした
——————————————-

昨日、買い物で外に出たら、
天気も良かったし、桜も綺麗だしで、
目黒川沿いには人が結構いて、ビックリしました。
しかも、ベンチで飲み食いしてる人も!!信じられない😱
南京の今の現状のドキュメンタリーも見たけど、防護服を外で着替える人がいたら、
その人の風上に居ないようにしているし。
外だからと言っても、気をつけてる。

日本の政府の対応には遅くて残念でならないけど、
政府の動きが遅いと、国民の動きや気持ちはもっと緩く、遅くなる。

イタリアやNYのようにならないように、
治安も心配だけど、
今は、家にいよう。
明るい未来を描いて😊

Stay home!
Restez chez vous!



その3 みおしんさん 感染症の現場の方


医療崩壊はじまってます】

昨日も今日も動画を撮って警告を出そうと何度もトライしたのですが、自分の口からお話する言葉たちがあまりに怖くてて撮れませんでした。ただのフリーランス麻酔科医の長い独り言として最後まで読んでいただけたらありがたいです。

メディアやSNSで医療崩壊したら…と話題がありますが、もうはじまっているというお話です。

私の友人も昨日濃厚接触者疑いの濃厚接触者ということで隔離が始まりました。他の先輩や友人も防護服を着ながら診療にあたっています。他病院もどんどん医療者も陽性が分かってきています。

もし私たち麻酔科医や外科医が陽性になると症状がなくても隔離となり、それはつまりオペ室稼働ができなくなるということです。

コロナと全く関係ない、癌や心筋梗塞や脳出血とか、いつもだったら手術すれば助けられるはずだった人たちまで助けられなくなる。不妊治療なども、今妊娠して10ヶ月後に安全を約束できないのでストップしてもらってるほど事態は深刻なんです。

コロナに関しては、重症化パターンの規則性がまだ見えません。全世界でどの世代も亡くなっています。ベットを増設しようが、呼吸器の生産がたとえ追いついて設備が整っても…重症化した患者さんを何人救えるのか。

医療資源の限界が来ると、次の段階はトリアージ、という命の選別をはじめないといけません。

この人を助けたいけどそれを諦めて次の助かりそうな患者のところに行かなければいけない。

ボロボロ手から命がこぼれていきます。

隣で仲間が死んでいったとしても、悲しむ時間もなく治療を続けなければいけないし、一生懸念治療した目の前の患者があっという間に亡くなったりしていくのです。

医療従事者の感染者数が増えれば、更に大量の死者が出る。死体の山です。

わたしたちは何人の患者を見殺しにしないといけないのでしょうか?

医療崩壊は、設備だけあっても人手だけあっても防げません。みなさまの怒り、不安、ストレスもよく分かります。それでも、日本にいる全ての人で協力して欲しいと願うわたしは我儘なのでしょうか?世間知らずなのでしょうか?

どうか、読んでくれてるあなたとその周りの大切な方の命を守れるように、声をかけあっておうちでお過ごしてください。

○外出を最小限にしてください。入学式入社式の延期を。テレワーク、出来ませんか?
○たばこ?まだ吸ってるのですか?
○人との距離は1.5-2m離れるよう心がけましょう。やってなかったら「ソーシャルディスタンスしようぜ!」と声を掛け合いましょう。恥ずかしがらないで、ルールは自分たちで作りましょう。
○マスクは手作りでよいのでしましょう。マスクをしたから大丈夫という意味ではないです。しないよりはマシ。咳エチケット。
○顔はなるべく触らない。気になったらすぐ手洗い。
○いつ終わるのか考えるのをやめて、お家で楽しく過ごす名人か、テレワーク達人になってください。

これから少なくとも2週間は感染者数が増えますが、慌てないでください。私たち医療従事者はもうそのつもりで対策を講じています。

それでもこれからたくさんの患者さんを助けられない日が近いと考えると怖くて怖くて仕方がありません。私たちだけでは乗り越えられない。
 
一緒に闘いましょう。
ご協力よろしくお願いします。

WiTH PAiN みおしん


最後に僕のメッセージ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に 対応する職員のためのサポートガイド 日本赤十字
2020年3月25日 初版第2刷 1

http://www.jrc.or.jp/…/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD…

日本集中医療学会
https://www.jsicm.org/news/statement200401.html

若者が次々に重篤化 NY感染症医の無力感
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00119/040200012/…

TBS news NY救急コルビン先生のインタビュー
https://www.facebook.com/tbsnews/videos/564998187762576/?vh=e&d=n

「不妊治療は延期を」 学会の声明をどう受け止めたらいいの? 生殖医療専門医に聞きました
https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-kikuchi

最前線医療従事者の2週間後
https://www.imishin.me/korona-iryougenba/


大変なことが目の前です。日本にいると明日の朝はだれもが来ると思っています

でもオーストラリアの奥地で撮影していると、1分後に自分がこの地球上に存在していないかもしれないと行く危機感を感じます。皆さん人生最大の危機難感じてください。そして家で、何か希望となる楽しい思いを想像して過ごしてください


入学式も入社式もやめてほしい。桜を見に行くのもやめてほしい。一生の思い出だからと学校や親は言う。せっかく咲いていて、自分ぐらい行ってもともうだろう。でも下手をしたら最後の思い出になるかもしれない。入学式をやってあげたい、大人のマスターベーションです。桜を楽しみたい、自己満足です。生きていたら、来年もう一度 素晴らしい入学式や入社式をすればいい。大宴会の花見をすればいい。映画ではなく、今回は死ぬ 社会が崩壊します。自主的でもいい、あすの入学式やイベントに欠席してほしい。僕も来年 美しい桜が見たい


写真家 相原正明



by masabike | 2020-04-05 12:08 | Comments(2)
Commented by 雪斎 at 2020-04-05 20:05 x
初めてコメントさせて頂きます。雪斎と申します。
いつも相原さんの写真や言葉に癒され勇気づけられています。ありがとうございます。
今回の現場の方々のメッセージをシェアして頂きありがとうございました。
ボクも微力ながらメッセージをシェア出来ればと思い、今回の記事をリンクさせて頂きました。
新型コロナによる犠牲者が少しでも減ることを祈るばかりです。
Commented by masabike at 2020-04-05 21:08
雪斎さんへ
ありがとうございます
<< 平凡な日の夕飯 マイクロフォーサーズの日 >>