熱意

熱意_f0050534_09070529.jpg
FUJIFILM GFX100+FUJINON100-200mm

昨晩は満月。九州で満月を迎えた。深夜に高台に撮影に行くと、午前3時前なのに、多くのアマチュアの方が撮影に見えていた。そして夜明けが近づくと、家路につき仕事に行く支度をする方が多かった
先月の裏磐梯でも、平日でも多くのアマチュアの方が撮影をされていた。その熱意は、どちらもとても頭が下がる



多くのプロの写真家も無名やアマチュアの時代はその熱意はすごかったと思う。でも売れてくるにしたがい、ここまでやる必要があるか? 赤字になるからやめておこう(ただし作品撮りではなくWORKとなると少し異なる場合もある)、あるいはスポンサーとの宴会があるから、でも宴会場から外を見たら満月だった。そんな風にモチベーションがダウンしてしまう人も中に入る 

時々自分でも、慢心しているんではないだろうか?知らない間に80%の力で仕事や作品を撮っていないか?不安や疑問を頂く。そんなときに必死で情熱を傾けて撮影しているアマチュアの方を見ると、勉強になりますと思ってしまう

もうすぐ今年も終わり。2020,より精進してより情熱度をUPして撮り続けたい。



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-12-13 09:15 | 日本風景 | Comments(0)
<< ごあいさつ 高画素の魅力と落とし穴 >>