おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭

おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17482380.jpg


















おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17482363.jpg
















































おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17482421.jpg

























おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17482429.jpg



























おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17482493.jpg

LUMIX LX100Ⅱ

今回のツーリングの目的の一つが、以前にfacebookで「南房総はお店も人も元気なので支援のシェア」という記事をシェアしたので、自分でも訪れて現地にお金を落とすことで、少しでもご支援できればと思い伺いました。なかなかブルーシートを張るとか、倒木をかたずける支援ができないですが、現地にお金を落とすことぐらいはできるので、そんな気持ちで南房総の突端、相浜漁港の相浜亭に行きました

950円で新鮮でタップリな海鮮丼。まじですかという内容でした。さらに地元のアジのアジフライも。相浜亭素朴な作りですが、味は素朴どころか超ゴージャスでした。朝7時半に家を出て、途中で寄り道しながらここについたのが、ちょうどお昼。なんというタイミング。胃袋絶好調でおいしく完食しました。でも・・・・


おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17545677.jpg


















おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17545506.jpg


















おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_17545593.jpg

でもお店を出て漁港のほうにまわると…、台風から3ヶ月以上たつのに、いまだに破壊されたままの家、ブルーシートの絨毯。風と雨で、台風が直撃しなくてもここまで壊れるのかと驚きました。やはり地勢的にも、太平洋に突き出し面しているので、ここはもろに爆風を受けたと感じました。

こんなブルーシートに覆われた家々が、南房総から木更津まで延々と続きます。午前中に走った、大原とか鴨川はそれほど見なかったのに、南房総から木更津がこれほど壊滅的とは、テレビではわかりませんでした。この写真を伝えることで、少しでも支援と、現地に観光客が食ていただければと思います

房総の地元のグルメのお店はどこも平日でも大きく看板を出して営業していますし、日帰り温泉もやっています。ぜひ寒くなると魚がおいしくなり、そして暖かい日差しの南房総へバイクの皆さん 写真好きな皆さん行きましょう


おいしい南房総 食べて災害支援 相浜亭_f0050534_18010667.jpg

お江戸に帰る前に内房 保田海岸で一休み。このあとアクアラインを使い、1時間半後には家で請求書を書いていました。南房総は都内からアクアラインですぐそこ。遠くのハワイに行くよりも近くの南房総行きましょう



栃木市と言い、南房総と言い、メディアで完全に報道されていないエリアの被害の大きさが悲しいです。自然を被写体に仕事をしているフォトグラファーはぜひ、少しでも地元を支援できることをしていただければと思います。ネイチャーフォトグラファーと呼ばれる人たちは都内で飲み会するお金があったら、被災地に観光でお金を落としていただきたいです




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-12-03 18:05 | Motor Bike | Comments(0)
<< 神を細部に宿らせる 小春日和の房総ツーリング >>