サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼

サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491302.jpg
























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491383.jpg

























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491392.jpg































サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491360.jpg


























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491304.jpg

























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491484.jpg




























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16492386.jpg
























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16492389.jpg






























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16492391.jpg





























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491363.jpg





























サトーカメラ宇都宮本店 チャリティートークショウ 御礼_f0050534_16491305.jpg

昨日、満席のお客様にお越しいただき、無事にサトーカメラ様でのチャリティートークショウ終了いたしました。そしてトークショウ最後に行われた、相原作品オークションでは佐藤カメラ様 配信のYoutubeでご覧のお客様も参加して、全点完売いたしました。トークショウの参加費と併せて、今回の台風水害での写真アルバム救済作業に使わさせていただきます。被災された多くの方の思い出の写真を救済するには数億円かかると言われています。それに少しでもお役にたてるならば、写真家としてとてもうれしい限りです



今回のチャリティー どうして宇都宮?どうしてサトーカメラ様?と思われる方も多いと思います。2年前にLUMIXのトークショウをサトーカメラ宇都宮本店でやらさせていただきました。そして今回の台風が栃木県 特に栃木市に大きな災害をもたらしたとネットでしり、検索すると佐藤カメラ様栃木バイパス店が浸水被害に合われかつ、周辺の皆様も被害が甚大と打ことを知りました。ただ今回の台風 あまりにも東日本全土が被害を受けたため、栃木のニュースそれほど大きく取り上げられませんでした。そこで前回、お世話になっておりますサトーカメラ様と地元の皆様 そしてよくツーリングで訪れている栃木ならびに北関東の皆様の少しでもお力になれればと、今回のチャリティーを台風の翌日に考え、パナソニック様に打診してご快諾を得ました



やはり被災地に行って、あとかたずけを手伝えないのでその代りになるものをいち早くすることを考えました。今回は地元で床上浸水され、いまだにあとかたずけに忙しいお客様までお越しいただき、頭が下がる思いでした

 実は今回でチャリティーイベントをさせていただくのは3回目です。1回目はスマトラ島の大津波の時にタスマニアで。2回目は311のあと東京・写真弘社様でやらせていただきました。実はスマトラ島のチャリティーをするまで、このようなことはしたことがなかったです。2004年12月26日 僕はタスマニア・クレイドルマウンテンにあるThe Wilderness Gallery(TWG)で初の会が個展を開催し、会場に常駐していました。朝ギャラリーに出て、しばらくすると「なんかインドネシアで大きな地震と津波があったらしい」というニュースになり、昼ごろには大騒ぎになりました。するとTWGのマネージャーとキュレーターから「現地では大量の寄付が必要になるのでTWGとして募金をするのと、マサもできれば今月の売り上げの何割かをチャリティーにまわしてほしい」と言われ「いまTWGで登録している多くのフォトグラファーからチャリティーの申し込みがある」と言われ僕も12月の売り上げの2割を寄付したと思います。
その尾t木に、何人かのオーストラリア人の友人から聞いた話では。オーストラリア国民 一人あたりの、チャリティーなど募金する金額は世界1だそうだと、効きました(あくまで聞いた話です)確かにはるか離れた大陸で過ごしてきたオーストラリアの人々はマイトシップと呼ばれる連帯というか相互扶助が盛んなのだろうと思いました。僕のホームステイ先の家族も、皆さん何かしらのボランティアやチャリティーを必ずしています。それ以来、この気持ちを大切にすることにしています

特に僕はランドスケープの作品が多いいです。自然の撮らさせていただいている、撮影に行った写真もとにお世話になって仕事が出きる、だから少しでも恩返しできるようにと考えています。今回のようなことは、SNSで声高に言う事ではないと思います。日本で風景写真という風景や撮影地の地元にお世話になっている写真家の方たちが、表に出なくてもひっそりとでもいいので、何かしら被災地への恩返しの活動をされていることと信じております
本当に昨日のお客様 サトーカメラ様 そしてパナソニック様 ありがとうございました


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2019-11-17 17:16 | トークショー | Comments(0)
<< ウォンバゥット君 池田市五月山動物園 大阪梅田・八百富写真機店 >>