2003年11月22日 シドニー

f0050534_15474808.jpg






















f0050534_15474806.jpg



























f0050534_15474754.jpg
2003年11月22日 この日が何の日かご存知ですか? そうオーストラリアで開催された、第5回ラグビーワールドカップ決勝戦の日。決勝は主催国オーストラリアVSイングランド。結果から言うと、延長戦までもつれ込み17対20でイングランド勝利で、はじめて北半球にカップを持ち帰った(確かそうだと思います)

でも試合はまさに死闘でした。魂と魂のぶつかり合い。そして小柄なワラビーズのキャプテン ジョージグレガンがあれほどパワフルで、巧妙な動きで驚きました。まさに走るコンピューターと言われるだけあるなと感じました

そして試合が終了した直後、我が家のリビングにたオーストラリア人たちは墓場の様でした


当時、日本ではラグビー熱は今一つで、地上波の生中継はありませんでした。2002サッカーワールドカップ日韓開催の翌年でしたので、野球以外のスポーツにも目を向けてくれるかなと思いましたが、メディアは冷たいもんでした。試合を生で見れるのはCATVのスポーツチャンネルのみ。僕は当時からMOTO GPやサッカー ラグビーを見たくて、スポーツJチャンネルに加入していました。なので、決勝当日、試合を見たいオーストラリア関係の方が我が家に来て、パブリックビューイング。国歌斉唱で、我が家でAdvanced Australiaを歌い盛り上がりました。そして約2時間後、我が家のリビングは墓場のような静けさになりました。ワールドカップ、国の威信をかけたこの一戦、負けるとこうなるのかと、ひしひしと感じました。深夜、我が家を出ていくオーストラリアの人たちの後ろ姿が今でも目に焼き付いています

あれから16年、日本もワラビーズも決勝トーナメントとで敗退し消えていきました。でも今回、これだけ盛り上がり、素晴らし試合と思い出の数々。あの2003年の白熱を多くの日本の人たちが体験できたのがとても良かったです。そしていつの日か、決勝 トーナメント 決勝戦に日の丸が上がり、我が家でシャンパイファイトのパブリックビューイングが出来る日を夢見ています。個人的にはJapan VS Australiaで、未来のラグビーワールドカップ 日本大会を見たいです

今はラグビーワールドカップロスになっています。でもそうなるために活躍していただいた、選手 スタッフ、ボランティアの皆さんありがとうございました。エコパ静岡で、潮合終了後 駅まで続くボランティアの皆さんのお見送りハイタッチは一生忘れない素晴らしい思い出です。


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-11-04 16:05 | イベント | Comments(0)
<< キヤノンサロン Hino Dakar 仕様 >>