人工物

f0050534_23182374.jpg
FUJIFILM GFX50R+FUJINON100-200mm

僕は海ほたるから見る、東京湾の夕景が好きでしばしば撮影に行く。同じように芝浦あたりからのベイブリッジとか、横浜港のクレーンとかも撮りに行く。風景写真を撮る人は、なぜか以上に人工物を嫌がる。人工物をうまく使えば、自然の大きさやアクセントにもなる。また昔の山水画でも、人工物を点景に使っている。風景写真=人工物入れないと言う図式から脱却してほしい

名作と言われる、アンセル・アダムスの「フェルナンデスの月の出」も手前に墓地や教会が入っている。

こう撮らなければならない!!というところから抜け出すことで、自分の視点が見つけられる第1歩だと思う


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね

ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-10-19 23:24 | 日本風景 | Comments(0)
<< YOKOHAMA カレー 素人芸 >>