2019北海道 ツーリングDay4 9月27日 霧多布~帯広

f0050534_07391018.jpg













f0050534_07391044.jpg
FUJI FILM XF10


9月27日は帯広でトークショウ。なので民宿 きりたっぷりではいつも朝のんびりなのですが、この日は朝ごはんも早々に帯広へ。再び、浜中から別海にぬけて、弟子屈を目指します。方向が違うのでは?と思った方正解です。理由は、ツーリング初日に屈斜路湖ホテルに忘れ物をしたので、屈斜路湖経由の帯広です


屈斜路湖ホテルで、忘れ物を受け取った後、再び弟子屈。そして阿寒横断道路~オンネトー~足寄を目指します。でもここは交通取り締まり銀座なので、前に必ず地元の車を1台 生贄に出してついていきます。あとバックミラーとミラーの死角に注意します。以前に足寄の手前で、牧場のサイロにレーダーを隠した、親切な北海道警にお招きをいただき、奉納金をとられて、免許を1ヶ月ほど使えなくされたことがあります。夏場はあと、トウモロコシ畑に白バイが隠れています



阿寒横断道路、ワィンディングは最高です。まるで外国みたいです。途中、雌阿寒岳 雄阿寒岳の見える、双岳台で写真を撮っていると、メルセデスAMGのSUV内地ナンバーが止まりました。ゴージャスそうなお姉さんと、お金持ちそうなおじさんが降りてきました。そして手になんと、FUJIFILM GFX100

僕の横で、写真を撮りながら「あれ~~うまく写らないな~~」とぼそぼそ。そこで「すいません、僕は写真家で、富士フイルムさんのXシリーズの仕事もしているので、こうすると良いですよ」とアドバイス。大喜びされていました。どうしてGFX100買われたんですか?とお聞きすると、間髪入れずに「世界最高画質だから」やっぱりね、という感じです。そしてこのおじさんにゴージャスなお姉さんとの記念写真を頼まれましたが、記念写真はSNSにアップするのでスマホで良いと言われました 爆
ついでに僕も、GFX100おじさんに記念写真撮っていただきました。さすがにGFX100で撮ってあとで、送ってくださいとは頼めませんでした 汗



f0050534_07541954.jpg


























f0050534_07541862.jpg

Nikon Z7+Nikkor Z14-30mm


そしてオンネトー。まだ紅葉に早いせいか、観光客やカメラマンも少ないです。ここは、撮影ポジションの引きが少ないのでNikkor Z14-30mmがとてもお役立ち。そしてフルサイズのメリットで大きな風景での遠近感も表現しやすいです。バイクのケースに収納でフルサイズが持ち運べる。Nikon Z7の功績は大きいです







f0050534_07391014.jpg






















f0050534_07393025.jpg

























f0050534_07393192.jpg

そして足寄から高速道路で帯広へ。帯広では駅前のおばちゃんの顔のあるホテルへ。1530帯広到着です
トークショウは19時からなので、浦島さんと帯広から合流した 突撃元ちゃんと3人で帯広名物、インデアンカレー。これを食べないと十勝に来た気がしないです。メニューは定番のカツカレー +インデアンルー+辛口です

本当に、東京に欲しいお店です。でも体が冷え切っていたので、カレーを食べる時もカッパを着ていました 爆

いよいよ今回のツーリングの最大の目的 ジョイイングリッシュ アカデミーでの英語でのトークショウです  続く 




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2019-10-17 08:01 | Motor Bike | Comments(0)
<< フラッグシップ Nikon D5 そうだ栃木へ行こう 美味しいパ... >>