黎明 屈斜路湖

f0050534_15122425.jpg
Nikon Z7+Nikkor Z14-30mm

夜明けの屈斜路湖。気嵐が立ち月が昇る。しかもどちらのポイントも、画面の隅。こんな時にZ7の全画面AFエリアは心強く便利。訴求ポイントが必ずセンター近くと言うのはあり得ない。全エリアAF可能で、撮影のリズムは全然違う

しかも今回の14-30mm広角の、使いどころの焦点距離がすべて含まれている。まさに風景撮るならこの1本というレンズです。どうしてもデジタル~ミラーレスになってもフィルム時代の焦点距離区切りに縛られている点が多かったですが、それから脱してくれたことは大歓迎です



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-10-05 15:16 | 日本風景 | Comments(0)
<< 2019北海道 ツーリング D... 2019北海道ツーリングDay... >>