ミュゼふくおか再訪





f0050534_21105293.jpg







































f0050534_21105280.jpg

今回の旅の目的の一つ、ミュゼふくおかで開催されている「絶対風景」に作品を1点 出展しています




その見学と、写真展のお礼も兼ねての再訪でした。偶然会場で人気風景写真家 辰野さんにも再開できました。辰野さんから「バイクでここまで来たんですか?遠いのにご苦労様です」と言われたので「片道500kmぐらいなので、オーストラリアの移動に比べたらたいしたことないですよ」とお答えしました 爆





ミュゼふくおかは、安藤忠雄氏設計の富山県唯一の作品です。広い吹き抜けが、印象的でこれをいかに使いこなすのかが、この美術館での写真展の一番の味噌です。東京や大阪など大都市ではなかなか、これだけ天井の高い美術館は少ないです、この高さ広さを使い切れる作品をこれからも作りたいです。そのためには撮影時点で、どこにどのようなコンセプトの作品をどう展示するかを考えての撮影が求められます。「撮れちゃった」そして綺麗な写真がたまりました だから写真展ではだめです。最終形を想定して、撮影に臨む。それが美術館での作品展のカギとなります



f0050534_07364927.jpg


Nikon F2+Nikkor35mm+FUJIFILM RDP

大台ケ原 満月の夜の稲妻 (奈良県)

今回のミュゼふくおかで展示しています、ぼくの作品です。ぜひぜひ生のプリントでご覧ください。「絶対風景」展9月1日まで開催です。お待ちしております




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-08-29 07:38 | 写真アート | Comments(2)
Commented by u-Brigand at 2019-08-29 08:54
一ファンの一人です。

お盆に拝見しました。
大台ヶ原、関西に住みながら唯一行っていない山です。
写真集も買いました、「絶対風景」、見事な「四時熟語」を
考えついたものです。
黒部地区の出身です、これからもご活躍を。
Commented by masabike at 2019-08-29 16:05
u-Brigandさんへ
メッセージありがとうございます。これからも良い作品を追いかけて行きたいです。どうぞよろしくお願いします
<< 不思議な森 高岡市長様 ごあいさつ >>