晩夏の風と光 赤城山

f0050534_10001299.jpg
FUJIFILM GFX50R+FUJINON100-200mm


夏の夕暮れ、赤城山 大沼。夕方の気温は23℃。風にはもう秋のDNAが入っていた

現在 うちのGFXシステム はGFX50R&S 各1台  レンズは23mm 32-64mm 100-200mm テレコン あとK&FのNikonアダプターでZeiss Otus 55mm 85mm Apo Soner 135mm Nikon 300mmを使用している。

特に今回 使い始めた100-200mmのズームは機動性と三脚台座の重心バランスが良くとても使いやすい。

これからオーストラリアと日本の風景の撮影にどのようなシステムにするか考えている

多分 富士フイルム X&GFXシステムの海外ロケの布陣は

GFX50S,GFX50R FUJINON 23mm 32-64mm 100-200mm テレコン Otus 85mm Apo Soner135mm
FUJI X-H1 X-T2 FUJINON10-24mm 16-55mm 50-140mm 100-400mm  16mm 35mm
になると思います



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-08-17 10:08 | 日本風景 | Comments(0)
<<  ガメラ?で元気いっぱい 松山の夜 真夏の夜の夢  >>