ヒマワリ 津南

f0050534_12021343.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON50-140mm


三つ子の魂 100までと言う言葉がある。これを自分に当てはめると、写真を始めて撮り、写真のことを習い始めた時は、すべてモノクロフィルムだった

デジタルになり、いろいろな色彩を撮る様になり気がついたことがある

常に写真を撮るときにモノクロで光と影を最初に見つめ、構図を作り、それに後から自分は色彩をのせているのではないかと

なぜならモノクロを撮る時、とても撮影リズムがとり易いからだ


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-08-12 12:05 | 日本風景 | Comments(0)
<< 夏光 夏色 FUJIFILM X S... >>