光は突然にやって来る

f0050534_07245806.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm


キャンプ場でお茶を飲んでいた時、心のセンサーに何か引っかかった


空の一角が、少しピンクの点が現れた。僕は急いで首から下げていたX-H1持って海岸にかけていった


タスマニアの神様はいつも、一番写真を撮る状況ではない時に、一番のシャッターチャンスをくれる。

常に刀は抜いて切れるようにしていなければならない。そして切る気持ちでいなければならない。光はそこにいるフォトグラファーが、仕事で来ているかホリディかは忖度してくれない




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-07-19 07:56 | タスマニア | Comments(0)
<< 1億画素の時代 FUJIFIL... タスマニア 色& 光 >>