Adventure Bay 6月27日

f0050534_21535868.jpg

灯台見学の後は、ブルーニーアイランド 東海岸にあるアドベンチャーベイにやって来た

キャプテンクックが初めてオーストラリアで上陸した場所だ

今夜はここの海岸でキャンプの予定。まだ昼前なので、まずはお茶とランチに!!



f0050534_21534246.jpg



























f0050534_21534272.jpg




























f0050534_21534215.jpg


































f0050534_21534284.jpg































f0050534_21534172.jpg

海岸近くのシーフードレストランで、フィッシュアンドチップスとタスマニアの白ワインでランチ。さすがに揚げたてのフィッシュアンドチップスはホクホクサクサクでおいしいです。そして辛口の白ワインも最高です。

ランチをしながら、バリーさんのタスマニア観光局時代のいろいろなこと、もちろん失敗談も 笑

でも17歳から50代半ばまで働いていた観光局のツーリズムビジネスの話をするときのBarryさん、一番うれしそうで楽しそう。そしてスピットファイアの話

以前二人でキャンプして旅した、マリナアイランドのキャンプの話。
冬の昼下がりの少し暖かい日差しを受け、食事をしながらのんびり 予定も気にすることなく、おしゃべりして過ごす。来てよかったと思う







f0050534_21535854.jpg

レストランではJaniceの友達のご夫婦にもあえて、同じキャンプ場で今晩キャンプすることもわかり、今晩はキャンプファイヤーで楽しもうという話になった

タスマニアは小さな村社会、どこに行っても誰かの親戚、友達、職場の仲間に行きあたる。だからここではmateにならないと暮らしていけない



f0050534_21540809.jpg























f0050534_21540834.jpg


























f0050534_21535802.jpg








1時間強 二人で冬の海岸線の遊歩道を散歩する。クレイドルの写真展の話、BarryさんとJaniceのメルボルンでの青春時代の話。歩きながら話題は尽きない。でも彼の歩き方が少し足を引きずっているのが気になる。3月の時に「この数年、農場のトラクターの重いクラッチを踏んで左足の筋を痛めた」というのが気になっていた


Barryに「まだ痛むの?」と尋ねると、どうもなかなか治らないと、すこしうつむき加減に答えが来る。今回のオーストラリア里帰り。彼の足が心配で帰って来た。そして少し、落ち込んでいる気持が上を向いてくれればと思い、彼を元気にしたいので帰って来た。少しだけ僕の帰省が、彼を元気にしてくれると良いのだけど




f0050534_21540825.jpg













f0050534_21540874.jpg
陽が傾いてきたので、Barryさんに、そろそろテントを建てて今夜楽しむワインを買いに行こうと、帰り道を催促した

Barryさん、今夜もキャンプで昔話で盛り上がろう。そしていつまでも昔話に花が咲かせる、たのしいキャンプを続けよう!!





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-07-18 22:13 | | Comments(0)
<< Camp fire at Ad... ヨドバシカメラ 写真審査 >>