Barryさんとの旅 ブルーニーアイランド6月27日

f0050534_07312147.jpg




























f0050534_07313785.jpg






































f0050534_07313767.jpg



















f0050534_07313896.jpg


























f0050534_07330221.jpg



















f0050534_07313714.jpg



















f0050534_07352908.jpg


タスマニア3日目の朝は、地元Chrisさんに誘われてオーストラリア最南端の灯台の見学。オーストラリア最果ての灯台。この先にはもう南極大陸しかないところ。南極からの風雨に耐えながら長い間光をともしてきた灯台。レンズは英国製だそうです

ツアーガイドのオジサンの案内で灯台上部に登り、テラスに出ると南極からの冷たく重くかつ強い風にさらされた

地の果てを感じた


f0050534_07312181.jpg



















f0050534_07312118.jpg
でも100年以上前に、よく英国から機材を運びこんな地の果てに灯台を設営したことに驚いたのと、当時の大英帝国の力と、狩猟民族の探究心に敬服した





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2019-07-17 07:42 | | Comments(0)
<< 南極からの光 ブルーニーアイラ... 我思う ゆえに我あり >>