カタログ

f0050534_06174243.jpg













f0050534_06175000.jpg

























f0050534_06175021.jpg

























f0050534_06175051.jpg






























f0050534_06175004.jpg


ただいま部屋の大整理&掃除中。写真展と写真集も終わりかつ、3連休雨なのでじっくり部屋の整理。
実は部屋の中に大量にあるのが広告用パンフレット。カメラ&写真は当然だが、それ以外にバイク オーディオ 車(少しだけです) 住宅 旅行関係 。これは趣味で集めたものもありますが、元々 仕事のスタートが広告代理店だったので、眼につくパンフレットを仕事の資料用 あるいは何かプレゼンの勉強用に集めた。


業種にかかわらず、企業が伸びている時 あるいは商品がぶれていない時(売れる売れないは別の話)はパンフレットの質も良く、ビジュアルの素晴らしく、コピーも切れが良い。逆に迷走期に入ると、やたらスペックを説明し、それもマスターベーション的な説明になっていく。もともと広告代理店時代は不動産広告が多かった。不動産の場合は3部作のパンフになっている。イメージパンフ 図面集 価格表&ローン 高額物件になると1部 数万円のパンフレットにになる。バブルのころは販売価格の3~4%が広告費だったからなおさらだ。そして広告はチームワークで英知を出し合って作る。アートディレクター、デザイナー コピーライター マーケティング リサーチ イベント担当 AE(営業)そして時にはイラストレーターやフォトグラファー。ブレスト~コンセプトワーク~ストーリー展開~キーワード&メインビジュアル設定の流れで詰めて、プレゼンをして勝ち取ったら、その流れで行く


だからクライアントと代理店側が息が合うと良い広告あるいは記憶に残る広告が作れる。


現在のカメラ&写真業界で見ると、スペックやカメラの良しあし、価格などは別にして、カタログと広告展開を見る限りキヤノンとSONYがダントツだと思う。残念ながら、どちらのメーカーもカメラ&レンズを使用していないし、所有していないので機材については解らない。でもパンフレット見る限り、もし僕がセンサーサイズや画素あるいはミラー式とミラーレスの違いも分からないぐらいの初心者で、カメラ店あるいはCP+等に行き、カタログを手に取ったら迷わずこの2社を買うだろう。それはスペックよりも買う気にさせる写真とコピーが並んでいる。「もし自分がキヤノンを買ったら、野町さんみたいな写真が撮れそう」そう思い込ませる勢いがある。そして印刷等のクォリティーも良い。悔しいけどとてもこの2社よくできている

でも個人的に今までで一番印象に残っているカメラメーカーのカタログはCONTAX。ビジュアル、コピー、デザイン、印刷どれをとっても素晴らしく、部屋にインテリアで飾っておきたいぐらいだ。特にRTSやAriaの広告は素晴らしかった。企業のコンセプトがぶれていないのがよく分かる。それとKodakとガチンコでバトルしていた時のFUJIFILMの海外向けパンフレット。めちゃくちゃお金と時間がかかっている。まさにミニ写真集。(別にいまのXシリーズのパンフがだめという意味ではない、誤解のない用意) これを見たら家にあるKodakを全部VelviaとProviaに買いなおすぐらいの勢い

あと写真集ではないですが、昔はニコンを買うと、お客様カードをニコンに送ると「ニコンの世界」というカタログ兼写真集がいただけた。これが内容がすさまじい。アベドン、ダンカン など当時の世界の巨匠の作品がずらりだった

つまりパンフレットはお客様に夢と未来を売るツール。そしていつの世でも好奇心の玉手箱であってほしい。20年後、今のカメラのパンフレット見てドキドキするものを作ってほしいし、使われるフォトグラファーも仕事ではなく、自分の魂と命を削って撮る作品を作りあげてほしい



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-07-15 06:52 | 写真アート | Comments(0)
<< 恵比寿 こづち カントリードクター >>