生命

f0050534_10293211.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm ISO3200 タスマン海峡上空

月は生命の成り立ちを司るともいわれている

命は満ち潮の時に誕生し、引き潮の時にこの世から去っていくともいわれた


母が亡くなる前に、入院先のび病院に、ぼくは10日ほど泊まり込んでいた

その時に、いつも気にしていたのは満潮と干潮の時間

1秒でも母と長く居たかった僕は、引き潮の時間が始まると、母の手を強く握り念を送った

月に魂を持ち去られないように


10日ほどたった時、疲れ4億年のが最高調なった。今日は月の力に勝てないと思った朝、その日に母の魂は月の力に持ち去られてしまった

月は毎日、大きな命の喜びと悲しい命の別れをこの世界にもたらしてくれる

月は命の奇跡を与えてくれた日に、大切な命を月の力で再び黄泉の国に連れ戻してしまった
この世は毎日 奇跡の喜びと奇跡の終わる悲しみにあふれている

そしてそれはいつも突然かつ平等にやってくる










by masabike | 2019-07-05 10:35 | | Comments(0)
<< Long goodbye Earthrait相原正明 写... >>