写真展 Earthraitプリント クォリティー

f0050534_22481764.jpg














f0050534_22480685.jpg





LUMIX LX100Ⅱ


 今回のLUMIX GINZAでの写真展、通常の写真展と少し異なる方法をとっています。カラーとモノクロとプロラボを分けています。カラーは富士フイルムのクリエイトさん、モノクロは写真弘社さんと、それぞれの得意分野で最高のポテンシャルを発揮していただきました。そしていずれのラボもS1Rのフルサイズは当然綺麗ですが、GH5やG9Proのマイクロフォーサーズで撮った作品ですら、これ本当にマイクロフォーサーズ?こんなに大きく引き伸ばせるの?というクォリティーです

一番うえの写真、波の大型プリントはA0サイズです。いずれもG9Pro+LEICA200mmです。ピントもクリアーでしっかりしたプリントです。富士フイルムさんいわく、もっと大伸ばしでも大丈夫ですよ!とのことです


下の写真のA0サイズのバオバブの木と月 、これはGH5+LEICA8-18mmです。フルサイズと比べてもそん色ないです


f0050534_23045406.jpg


























f0050534_23045414.jpg

















f0050534_23042120.jpg

最高のカメラとレンズ そして最高のプリントテクニックと組み合わせることで、撮った作品を良くも悪くもできます。そのためにはいい加減なWBや露出あるいはピントではだめです。RAWデーターさえあれば何とかなるは嘘です。ぜひきちんとしたデーターを作り、きちんとしたラボに出す、これが写真展成功の極意です

そして何よりも、マイクロフォーサーズながら大伸ばしに耐えられる絵作りをしているLUMIXのポテンシャルが何よりもすごいです


しっかり撮って、しっかりしたプロラボでプリントすれば、何らマイクロフォーサーズでも問題ないです。あとは出来るだけ、ラボマンとコミュニケーションをとり、自分のプリントの意向を伝えるかです








富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2019-06-09 23:06 | 写真展 | Comments(0)
<< LUMIX GINZA本日 相... 地獄の門 西洋美術館 >>