STAR SNOW STEEL 夜鉄写真展 

f0050534_07281746.jpg

Nikon D4+Nikkor24mm



夜の鉄道は、風景撮影の賜物。昼間風景撮影のロケハンの時に、レールが見えると「あっ、ここもいいかもしれないと」マーキングしていました。そして風景作品の撮影は夜は比較的少ないので、そんな時間を狙って撮っています

最初は趣味的に撮っていましたが、ある時から写真展をしてみよう、自分のオーストラリア 撮影30周年の節目に原点回帰の写真展をしようと考えました。それからは風景や他の作品と同じように、写真展に展示した時の起承転結を考えて撮影することにして、超本気モードになりました。鉄道写真作品ときちんと向き合う事、全力を尽くすことがこれからの作品創りに大いなる、カンフル剤になると思います


ただいま、写真展のレイアウト等を思案中です。大変ですが一番楽しい時間です。撮影時に大まかな流れは出来上がっていますが、会場の壁の切り替えしとか考え、最後の微調整です。最近プロでも写真展の際の作品セレクションやレイアウトをデザイナーに頼む人がいます。少し悲しいです。意見を聞くことは大事ですが、撮影時に、起承転結のストーリーや展示した場合のビジュアルイメージをなしで撮影しているという事になります。とても危険なことであり無駄の多い撮影になります。つまり映画を撮るのに、脚本なしで映画を撮る。美男美女の俳優さん、あるいは演技力のある俳優さん女優さんをただ2時間見せればお客は喜ぶと思い映画を撮るのと同じです。メインカット、サブカット、捨てカット(息抜きになるカット) 最初のきめのカット、最後の〆のカット、これを絵コンテを描いて撮らないと写真展ではなく、写真展示会あるいは作品見本市になってしまいます。写真展とは撮り手の、明確なコンセプト、哲学、ストーリーがあってこそ写真展です。ただいいのが撮れたから並べるでは、プロの作品展ではなくなります。今回は自分の趣味の写真展ですが、全力でオーストラリアの作品展と同等の気持ちとエネルギーで向かいます。ワールドカップと同じです。常に全力で立ち向かわないと、ほころびが出て崩壊します。ぜひ来月のSTAR SNOE STEEL写真展 お楽しみにしてください


7月に鉄道写真展を開催いたします。詳細は下記の通りです。皆様お待ちしております


東京展 富士フォトギャラリー 銀座

開催期間 201876日(金)~12日(木)

平日10:30~19:00 最終日は14:00まで

土曜日曜 11:00~17:00

期間中 無休 入場 無料


期間中 7月6日 7日 8日 最終日13日はギャラリートークもしくはトークショウを予定しております


最寄駅

地下鉄 銀座線 京橋駅 3番出口より 徒歩1
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩1
JR
有楽町駅 京橋口より 徒歩5

所在地

104-0061
東京都中央区銀座1丁目2-4
サクセス銀座ファーストビル4F
TEL
03-3538-9822
FAX
03-3567-0039





大阪展 富士フイルムフォトサロン 大阪

 

開催期間 2018720日(金)~26日(木)

午前10~午後7時(最終日午後2時まで 入館終了10分前まで)

入場無料 期間中無休

最寄駅

地下鉄御堂筋線「本町」駅下車 3番出口から本町通りに沿って 東へ約5
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車 17番出口から本町通りに沿って 西へ約3

所在地

541-0053大阪市中央区本町2-5-7
メットライフ本町スクエア (旧 大阪丸紅ビル) 1F
TEL 06-6205-8000

作品点数 全倍9点 全紙45点 半切20

会場 富士フイルムフォトサロン大阪スペース1





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2018-06-28 08:42 | 写真展 | Comments(0)
<< 還暦パーティーはフォースの子弟対決? 30年目のオーストラリア Da... >>