ランドセルの語源

ランドセルの語源_f0050534_08222543.jpg



オーストラリアの都市近郊で見られる"LAND SALE"の看板。まさにその名の通り、土地の販売。実はみなさん、これが小学生のランドセルの語源って知っていましたか?


オーストラリアはもともとヨーロッパからの移民の国。その元のヨーロッパ、とくにイギリスで、土地の売買の時に、不動産測量士や不動産業の人たちが、土地を品定めに行くとき、測量道具 契約書類 などを持ち歩くために手で持ち歩くより、背中にしょった方が楽なので、それらを入れるバッグがありました。明治になり、日本の使節団が、イギリス人の測量士が、背負っているバッグに興味を持ち、「あれはなんだ」と聞いたところ、通訳ミスで、カバンではなく土地の販売をしていいるところですよと、言ったところが、「あのせおい籠はランドセルというのか?便利だな」となり同じものを買い求めて帰国。そして明治末に文部省が、子供たちが通学の時にこれは便利だから、市民たちにこれを活用するようにと御触れを出しました。その時この籠は「ランドセルと言い、エゲレスでも民が便利に使用している」となりその後普及しました

いかがですか?
実は大ウソです。オーストラリア 移動距離が長く 途中退屈です。LAND SALEの看板を見たときに、HarQ氏と冗談で、これがランドセルの語源だったら面白いよねと言う、話から来ました。お時間とらせてすいません

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2018-06-22 08:32 | | Comments(2)
Commented by しあん at 2018-06-22 13:53 x
今日は4月1日ではありませんってば。
また危なく騙されるところでした(汗)

それにしてもよくまぁ〜 尤もらしい説明を考えるものです(笑)
Commented by masabike at 2018-06-23 17:46
しあんさんへ
来年のエイプリルフールへの予選リーグです
<< 写真展 STAR SNOW S... 白山 アジサイ祭り >>