Mt Wiliams National Park Tasmania

f0050534_23365235.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON16~55mm


Pro1 E1 E2 T1 Pro2 T2そしてH1と使うXが進化してきた。ついついSNSでもカメラ雑誌でもXのボディーに関心が集中しているが、実はレンズの底力 完成度の高さがXシステムを支えていると思う。特に標準&広角系単体レンズと 16~55mmの完成度の高さが大きいと思う。光を如何によいコンディションで捕獲するか?レンズのポテンシャルがあるからこそ、フィルムシミユレーションも生きてくると感じる

そんな話を明日もじっくり、ヨドバシ Akiba X-H1トークショウでいたします



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


by masabike | 2018-02-24 23:42 | タスマニア | Comments(2)
Commented by hiroppy at 2018-02-25 13:55 x
こんにちは。

昨日、トークショウに参加いたしました。

相原さんの助言?により、X-T1を購入し、D810と共に活用していますが、
ピントとシャッターは別と考えていて普段は半押しは使わず親指AFを使います。
T1は一旦AF解除を挟まないと連続でAFできないためチョットピント位置を変えたい
時など使いにくいと思っていたので、T2は躊躇してましたが、H1ではD810の様に
連続で AF操作できそうなので検討したいと思っています。。。

昨日はモノクロでのホワイトバランスの話やブレを防ぐための連写など大変有意義な話を
聞くことができ、それだけでも埼玉の田舎より上京?した甲斐がありました。

有難うございました。

Commented by masabike at 2018-02-26 22:46
hiroppyさんへ
昨日はご来場ありがとうございました。少しだけお役にたてたみたいでうれしいです。今後ともぜひよろしくお願いいたします
<< タフなWeapon  FUJI... 黄昏 >>