風神

f0050534_08203675.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm

稚咲内海岸から2時間ほど、利尻富士を撮影した。この日ほど、地球が生きているというのを感じたことは最近では一番印象的だった。樺太から風神のような雲が押し寄せ、海をかき回し、天空を気が駆け巡り、草木を大地にひれ伏させる。その2時間のドラマだった

撮影の間、夢中になるとモニターはほとんど見ない。見ると心がぶれてしまうこともあるが、ファインダーから目を離すのが怖いからだ。変化する地球の姿は1秒たりとも目を離せない








富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね







by masabike | 2017-12-03 08:26 | 日本風景 | Comments(0)
<< 風神2 池田市 ウォンバット写真展 2... >>