シダの世界

f0050534_08574653.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm


北海道にいくとついつい、大きな風景ばかり見てしまう。そうすると写真展の時に大きな風景だけでは、大きさの尺度が出にくい。そのためには足元の小さな世界に目を向けないといけない

その表現方法だが少し枯れたシダの質感、今までいろいろ試したが個人的にはクラシカルクロームモードが良いかもしれない。いつか枯れたシダを4x5のモノクロフィルムで撮ってみたい。4x5は克明に、空気感も映る、と同時に、雑さ、失敗もでしまう。時間をかけて丁寧に撮ってみたい




by masabike | 2017-11-29 09:03 | 日本風景 | Comments(0)
<< 時がとまる刻 猪突猛進 成功祈願 イノシシ鍋 >>