湿原命

f0050534_10080862.jpg

Nikon D850+Carl Zeiss Otus 55mm


今回の北海道ロケでは、新たな飛び道具をお借りしてまいりました。新発売のNikon D850です。4500万画素はotusの解像力と、合わさるとまさに大判カメラ並みの奥行




き感、存在感を演出してくれた



800&810から、変わった点は、シャッターショックの軽減。特にOtusのように高解像力レンズを使うと、線のキレや美しさが格段にUPしたと感じる。またグリップ形状



の変化で、持った時の重量が、大幅に軽く感じるようになった。またペンタ部の、ストロボが無くなったせいで、デザインもすっきりしてかっこよくなった気もする


ニコン独特の、硬質のきりりとしたモノクロームはZeiss Otusのレンズとの相性も最高。これでFUJINON+Xシリーズ アクロスモード  LEICA+LUMIX Lモノクロー



ムと、被写体あるいはイメージ別の3つのモノクローム表現が今手元にある。デジタル世代の、新たなモノクロームの波が来そうな予感がする



そのためにも、富士フイルムさん!!ぜひ銀塩モノクロペーパーをお願いいたします。ペーパーなくしてはカメラだけでは作品の完成に持ち込めません






by masabike | 2017-10-15 10:19 | 日本風景 | Comments(0)
<< 機材メンテナンス Day 秘密兵器 >>