グローリオレジデンス 名取駅前 モデルルーム3

f0050534_15321843.jpg









f0050534_15321712.jpg







f0050534_15321606.jpg

Nikon D5+PC Nikkor19mm Nikkor14~24mm


7~8月は宮城・名取のグローリオ レジデンス 名取駅前の撮影に追われましたが、やっとパンフレットも仕上がりました

和室は、ほかの部屋に比べてピクチャーコントロールとWBを調整して、やわらかいウォームな色調にしています


f0050534_15342626.jpg





f0050534_15355163.jpg

Nikon D5+PC Nikkor19mm

キッチンは逆に、システムキッチンとかを見せるために、ピクチャーコントロールをFLATを基準にしてWBですこしウォームにします

ゆったりした、シンクを見せるために、野菜をいれて実際の生活の場合の尺度がわかるように撮りました。そして昼の場合と夜の場合と両方を撮ります。この場合はタングステンをどこまで残すかさじ加減が難しいです





f0050534_15381432.jpg

そして廊下部は、収納の素材の色を正確に出すために、やはりPCをFLATにして撮影しました。この場合の目線の高さが肝になります。なるべく1点画法になることを気にかけています。買う人が、生活感をつかみやすくかつ、夢を描けるように撮影しています

人生で一番高い買い物をするお客様が、パンフレットを見て楽しくなるような撮影を心かけています


風景だけではなく、広告のこのような撮影もかなりしています。クライアントの指示の通り、あるいはADの指示の通りに撮影することも、プロトして大事なことです。風景でも当然、クライアントさんがいます。そのような時に、いかにクライアントの意向をくみ取るか。それが作品への影響と、次への仕事のステップとなります。レッスンプロだけをしていると、クライアントの意向やADのコンセプトをくみ取り撮影することが出来なくなります。プロト名がつく以上、やはりトーナメントプロでありたいです。




by masabike | 2017-09-28 15:46 | 建築土木 | Comments(0)
<< 小さなあたたかさ ホテルニューオータニ 楽しい朝ご飯 >>