サイモンとガーファンクルとフランクロイドライト

f0050534_08112582.jpg







f0050534_08112592.jpg


FUJIFILM X30

自由学園の教室に、写真のようなパネルが貼ってありました。あのサイモンとガーファンクルがライトに関して歌っていたのです。初めて知り驚きでした。でもフランクロイドライト、実は女難の相があったみたいです。

アメリカで仕事をしていて、ライト第1期黄金時代と呼ばれるときに、御施主さんの奥様とヨーロッパに駆け落ちをしてしまい、仕事を干されていた時期があります。しかもその時にお手伝いさんが、発狂してライトの奥様を殺してしまう悲劇も起きました。そして仕事を干されていた時期に、遠い極東の国からホテルの設計をしませんか?と声をかけられて設計したのが、あの帝国ホテルだそうです。その時に自由学園も設計したそうです。


アーティスト系の人はやはり、英雄色を好むなのでしょうか?僕は英雄ではないので大丈夫です




by masabike | 2017-04-02 08:17 | 建築土木 | Comments(0)
<< 板橋 桜 20170402#1 自由学園 東京 池袋 桜を見る会 >>