コンセントレーション 繁昌亭  狂言師 金久寛久氏

f0050534_13451950.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON16mm ISO6400


今回の繁昌亭の花團治の会は狂言の舞台もありました。狂言の幕が開くまえ。舞台の袖で、狂言師の金久氏が壁を見つめ、コンセントレーションしていた。彼の耳には笛の音も、客席のざわめきも聞こえていないと思う。幕が開く間にもうすでに彼の心の中では舞台は始まっていたに違いない





by masabike | 2017-01-20 13:48 | 落語 | Comments(0)
<< JCB THE PREMIUM... 桂花團治師匠  池田の猪買 繁... >>