天空への道 by FUJIFILM X-Pro2+FUJINON10~24mm +Grain Effect

天空への道 by FUJIFILM X-Pro2+FUJINON10~24mm +Grain Effect_f0050534_13502936.jpg


FUJIFILMX-Pro2 FUJINON 10~24mm ISO12800

Across mode Grain Effect

写真の基本はモノクロ、そして写真の最後の極めもモノクロだと思う。しかも銀塩フィルムでの世界観はいまだにデジタルでは無理だった・・・。そう、それは115日から過去形になったかもしれない。X-Pro2は、今までのXシリーズ以上に写真を楽しむカメラだ。そして同時に作品を撮る為のカメラにも進化した。楽しめる気持ち、それがより素晴らしい作品を創り出せると思う。

2400万画素に進化したことも大事ではあるが、もっとも大事なことはフィルムシミュレーションにAcrossモードが搭載されてきた。高感性能や最新のレンズスペックも楽しみながら、銀塩フィルムならではの粒状性も表現できる。しかもその粒状性をコントロールするグレインエフェクトが搭載されている。これは粒状感の強弱をコントロールする。そしてもちろんフィルム的な表現よりもデジタル的な表現を優先とする場合、エフェクトOFFもできる。まさに1台のマシンで銀塩フィルム的世界観もデジタル的世界観も表現できる

今日の作品はISO12800まで感度をUPし、グレインエフェクトを強にした。それにより高感度フィルムを高温現像した時に得られる、ざらついた粒状感を得ることが出来た。都会の深夜に、闇の世界まで駆け上るようなハイウィエイの冷たさと躍動感、そしてぎらついた水銀灯の光を表現したかった

2016年、X-Pro2はデジタル技術とフィルム時代からの表現力を融合合体させた新しいマシンだ。世界中のすべての写真を楽しむ人、作品を撮りたい人に贈るカメラだ。そしてこのフィルムシュミレーションとグレイエフェクトを使いこなすには、しっかしりした写真の基礎も必要となる。タブレットやスマホでは得られない、Xでしか得られない世界観。あなたがX-Pro2のファインダーを覗いた瞬間、あなたの日常はアート作品に変化するだろう。





by masabike | 2016-02-04 13:51 | 建築土木 | Comments(2)
Commented by DUCATISTAers at 2016-02-04 20:11
こんばんは

凄くカッコイイ1枚です。
いつも参考にさせて頂いております<(_ _)>
Commented by masabike at 2016-02-07 06:12
DUCATISTAさんへ
ありがとうございます。こんな夜の首都高をドカでいかがですか
<< 空気の質感 by Nikon ... 北関東カラッ風 by Niko... >>