Pro1からPro2の進化 ここがちがうPro1&Pro2


f0050534_06580592.jpg

pro1&2の正面からの違いはグリップ形状。この形状に違いでホールドがとてもしやすくなった

f0050534_06580588.jpg
背面はかなり異なる。特に操作機能が集中してとても使いやすくなっている。特にファインダーに視度補正機構がありとても使いやすい。最初なかったのが不思議な位
そして背面の一番の違いはこれ

f0050534_06580679.jpg
画面右上にある、ジョイスティック。これでAFのフォーカスエリアの移動がスムーズ。動体撮影に強いです。特筆ものです



f0050534_06580518.jpg






f0050534_06580554.jpg



そして風景や建築あるいは広告撮影の人に強い味方がプラスマイナス5段の露出補正。Pro1ではプラスマイナス2段階。ラチュードの広いフィルムだったら問題ないですが、デジタルでは・・・・ Pro2はアナログダイヤルでしたら3段階補正ですが、ダイヤルをCにするとコマンドダイヤルで±5段階が可能でこれで表現の幅が広がります



f0050534_06580548.jpg






f0050534_06580424.jpg
あとボディー隅のアールが変わったのと。シャッターダイヤルの位置の変更が使い勝手をUPしている
それ以外にも、フィルム的表現のグレインエフェクト、さらに個人的感想だが、色再現もよりブラッシュアップされ、デジタルカメラの中では最高の色再現だと思うし、大型プリントをしない(2メートルクラスの)のであればjpeg撮って出しでほとんどいけると思う。その分現場での集中力はフィルムと同等のものが求められる。デジタルだからあとでどうにかなるという、撮影方法は終わりを告げる時代だと予感した

ますはご自身でお手に取ってください。富士フイルムスクエアで展示中です


by masabike | 2016-01-28 07:12 | Comments(4)
Commented by 平良ユーイチ at 2016-01-28 11:30 x
はじめまして、いつもブログを楽しく拝見しています。
Xーpro1、X-T1を愛用していて、今度のXーpro2も早速予約を入れました。
pro1からいろいろと進化しているようですが、特に露出補正±5ができるようになったのは本当に良かったです。
残念なのはファインダーの視度調整ダイヤルがX-T1と同じくロックができないことで、ニコンのようにロックを設けて欲しかった。
Commented by マモ at 2016-01-28 12:35 x
どこのメーカーの機種にも言えることですが使い勝手は好みがありますからね。
メーカーも大変だなーと思います。
Commented by masabike at 2016-01-28 22:04
平良ユーイチさんへ
いつもブログご覧いただきありがとうございます。たしかに視度補正ロックができるとよいですよね。
Commented by masabike at 2016-01-28 22:05
マモさんへ
使い勝手は、かなり好みが分かれます。男女や年齢や国や地域でもまちまちです。メーカーさんは大変です
<< 2016FUJIKINA Xシ... ヘルシーお昼ご飯 >>